不倫報道の福原愛 緩さとモテぶりは現役時から評判だった

公開日: 更新日:

 文春オンラインの離婚報道とNEWSポストセブンの不倫報道がほぼ同時に炸裂した元卓球日本代表の福原愛(32)。特に不倫報道は、幼少時の“泣き虫愛ちゃん”を知るお茶の間には大きな衝撃を与えた。

 事の始まりは、2月18日に福原が「徹子の部屋」(テレビ朝日系)に出演し、「これから拠点を日本に移していこうかなと」と発言したこと。

 それまで台湾人の夫である卓球選手・江宏傑(ジャン・ホンジェ=32)との不仲ついては時折、日本のメディアにも漏れ伝わっていたが、19年に第2子を出産したばかりとあって、さすがに離婚はないだろうと思われていた。しかし――。

「『徹子の部屋』での発言で、マスコミ各社は離婚が現実味を帯びてきたことを感じていました。そういう意味では文春の報道自体にそれほど驚きはありませんでしたが、実は不倫に関しても『やっぱり』と感じた記者が少なくありません。と言うのも、『福原が2人の子どもを残して帰国するはずがない』『日本に会いたいオトコがいるのではないか』と推測する記者が少なくなかったためです」(芸能ライター・弘世一紀氏)

■関連キーワード

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    大阪万博パビリオン建設に「リング」が邪魔…建設トップから今さら“ダメ出し”のア然

    大阪万博パビリオン建設に「リング」が邪魔…建設トップから今さら“ダメ出し”のア然

  2. 2
    ムーキー・ベッツは両リーグMVPを狙う大谷の強力ライバル 意外にも英国王室と深いつながりが

    ムーキー・ベッツは両リーグMVPを狙う大谷の強力ライバル 意外にも英国王室と深いつながりが

  3. 3
    副島萌生も星麻琴も…NHK新女性キャスターはなぜ、慶応大卒ばかりが抜擢されるのか?

    副島萌生も星麻琴も…NHK新女性キャスターはなぜ、慶応大卒ばかりが抜擢されるのか?

  4. 4
    東京都が年度内提出目指す「カスハラ防止条例」…現場からため息が漏れるナゼ?

    東京都が年度内提出目指す「カスハラ防止条例」…現場からため息が漏れるナゼ?

  5. 5
    株価は絶好調でも証券会社は儲からない仕組み…「熱狂」がない理由はコレなのか?

    株価は絶好調でも証券会社は儲からない仕組み…「熱狂」がない理由はコレなのか?

  1. 6
    吉高由里子「光る君へ」は行き詰まる?家康がコケて「女性による女性のための大河」に賛否

    吉高由里子「光る君へ」は行き詰まる?家康がコケて「女性による女性のための大河」に賛否

  2. 7
    子育て支援「負担増1000円超え」は加藤鮎子大臣“テヘペロの乱”…岸田首相を背後からズブリ

    子育て支援「負担増1000円超え」は加藤鮎子大臣“テヘペロの乱”…岸田首相を背後からズブリ

  3. 8
    NBAのレジェンドがドジャース大谷を絶賛!「トレーニングへの姿勢がチームに伝染した」

    NBAのレジェンドがドジャース大谷を絶賛!「トレーニングへの姿勢がチームに伝染した」

  4. 9
    「ブラタモリ」抜擢の桑子真帆アナ “金髪チャラ系”の大学時代

    「ブラタモリ」抜擢の桑子真帆アナ “金髪チャラ系”の大学時代

  5. 10
    元横綱・白鵬は「廃業」待ったナシ…北青鵬暴力騒動の厳罰処分に貴乃花親方がいつか来た道

    元横綱・白鵬は「廃業」待ったナシ…北青鵬暴力騒動の厳罰処分に貴乃花親方がいつか来た道