NHK大河「青天を衝け」2回目視聴率急降下でよぎるジンクス

公開日: 更新日:

 天国から地獄へ――。

 NHKが蜂の巣をつついたような騒ぎに見舞われている。大金を投入して制作した大河ドラマ「青天を衝け」が2回目(2月21日放送)にして視聴率16・9%(ビデオリサーチ調べ、関東地区=以下同)と前週第1回の20・0%から一気に3・1ポイントもダウンしてしまったのだ。

「NHK上層部が慌てるのも無理もありません。前作の『麒麟がくる』の初回視聴率は19・1%だったが2回目は17・9%で1・2ポイントしか落ちていないのです。通常の連ドラで一気に3ポイントも落ちるのは尋常ではないんです」(ドラマ関係者)

 NHK上層部の頭をよぎったのは明治以降をテーマにした近現代モノは当たらないというジンクスだ。「ワースト大河」第1位の記録を作った2019年放送の中村勘九郎阿部サダヲがダブル主演した「いだてん~東京オリムピック噺~」(平均視聴率8・2%)の記憶も生々しい。

「『いだてん』は視聴者から猛バッシングを食らいました。一時は大河の制作意義を問われるほどの大問題になったんです。もう一つが吉田松陰の妹を演じた2015年放送の井上真央主演の『花燃ゆ』(同12%)。ワースト1、2が明治モノなんです。2つのドラマに共通しているのは一般庶民にとっては無名だったということです。今回の『青天』の渋沢栄一も似たようなレベルかと思われます」(前出のドラマ関係者)

 こんな声もある。

「一番は渋沢という人物に感情移入ができないことです。さらに、歴史好きが注目する重大な事件をアッサリ済ませてしまう懸念もある。渋沢が徳川昭武と共にパリに留学した間に戊辰戦争が起きているんですが、これもNHKお得意のナレーションで処理されるはず。さらに数字を落としますよ」(前出のドラマ関係者)

■関連キーワード

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    2018年から25年を調査!7年間で偏差値上昇の大きかった私立大学・学部は?

    2018年から25年を調査!7年間で偏差値上昇の大きかった私立大学・学部は?

  2. 2
    大関琴桜が平幕相手に“セコすぎ相撲”で自身の首絞める…「横綱にして大丈夫?」と昇進見送り懸念

    大関琴桜が平幕相手に“セコすぎ相撲”で自身の首絞める…「横綱にして大丈夫?」と昇進見送り懸念

  3. 3
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  4. 4
    松下洸平『with MUSIC』苦戦で囁かれる"賞味期限切れ説"…「光る君へ」登場もNHKの尽きぬ不安

    松下洸平『with MUSIC』苦戦で囁かれる"賞味期限切れ説"…「光る君へ」登場もNHKの尽きぬ不安

  5. 5
    「天皇になられる方。誰かが注意しないと…」の声も出る悠仁さまの近況

    「天皇になられる方。誰かが注意しないと…」の声も出る悠仁さまの近況

  1. 6
    山寺宏一「31歳年の差婚」前々妻は祝福も前妻の微妙な反応

    山寺宏一「31歳年の差婚」前々妻は祝福も前妻の微妙な反応

  2. 7
    「月1万円生活」は今や昔…180度変化した大谷の金銭感覚 25億円別荘の次は12億円豪邸購入

    「月1万円生活」は今や昔…180度変化した大谷の金銭感覚 25億円別荘の次は12億円豪邸購入

  3. 8
    高齢者は「65歳以上→70歳以上」へ…政府また詐欺的手法で年金削減へアノ手コノ手着々

    高齢者は「65歳以上→70歳以上」へ…政府また詐欺的手法で年金削減へアノ手コノ手着々

  4. 9
    【静岡県知事選】岸田自民“討ち死に”濃厚、不可解な「情勢調査」とチラつく菅前首相の影

    【静岡県知事選】岸田自民“討ち死に”濃厚、不可解な「情勢調査」とチラつく菅前首相の影

  5. 10
    飯豊まりえは高橋一生との結婚で危機再燃?「新垣結衣の二番煎じ」懸念て何だ

    飯豊まりえは高橋一生との結婚で危機再燃?「新垣結衣の二番煎じ」懸念て何だ