NHK大河「青天を衝け」2回目視聴率急降下でよぎるジンクス

公開日: 更新日:

 天国から地獄へ――。

 NHKが蜂の巣をつついたような騒ぎに見舞われている。大金を投入して制作した大河ドラマ「青天を衝け」が2回目(2月21日放送)にして視聴率16・9%(ビデオリサーチ調べ、関東地区=以下同)と前週第1回の20・0%から一気に3・1ポイントもダウンしてしまったのだ。

「NHK上層部が慌てるのも無理もありません。前作の『麒麟がくる』の初回視聴率は19・1%だったが2回目は17・9%で1・2ポイントしか落ちていないのです。通常の連ドラで一気に3ポイントも落ちるのは尋常ではないんです」(ドラマ関係者)

 NHK上層部の頭をよぎったのは明治以降をテーマにした近現代モノは当たらないというジンクスだ。「ワースト大河」第1位の記録を作った2019年放送の中村勘九郎阿部サダヲがダブル主演した「いだてん~東京オリムピック噺~」(平均視聴率8・2%)の記憶も生々しい。

「『いだてん』は視聴者から猛バッシングを食らいました。一時は大河の制作意義を問われるほどの大問題になったんです。もう一つが吉田松陰の妹を演じた2015年放送の井上真央主演の『花燃ゆ』(同12%)。ワースト1、2が明治モノなんです。2つのドラマに共通しているのは一般庶民にとっては無名だったということです。今回の『青天』の渋沢栄一も似たようなレベルかと思われます」(前出のドラマ関係者)

 こんな声もある。

「一番は渋沢という人物に感情移入ができないことです。さらに、歴史好きが注目する重大な事件をアッサリ済ませてしまう懸念もある。渋沢が徳川昭武と共にパリに留学した間に戊辰戦争が起きているんですが、これもNHKお得意のナレーションで処理されるはず。さらに数字を落としますよ」(前出のドラマ関係者)

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    TKO木本武宏“投資トラブル”関係者が不審死…首謀者が有名芸能人の娘と交際、被害額30億円超に拡大の噂

    TKO木本武宏“投資トラブル”関係者が不審死…首謀者が有名芸能人の娘と交際、被害額30億円超に拡大の噂

  2. 2
    加藤浩次の次は谷原章介がさようなら?「めざまし8」での“失言”が命取りになりかねない

    加藤浩次の次は谷原章介がさようなら?「めざまし8」での“失言”が命取りになりかねない

  3. 3
    「X JAPANはどうなる?」YOSHIKIの肩透かし“重大発表”にファンはガッカリ…

    「X JAPANはどうなる?」YOSHIKIの肩透かし“重大発表”にファンはガッカリ…

  4. 4
    奴隷根性の表れか、尊い行動か…W杯日本人サポーターの“ゴミ拾い”めぐりSNSで場外乱闘

    奴隷根性の表れか、尊い行動か…W杯日本人サポーターの“ゴミ拾い”めぐりSNSで場外乱闘

  5. 5
    「煽り」「乗っかり」「釣り」も不発に終わり…不登校YouTuberゆたぼんの今後をファン憂う

    「煽り」「乗っかり」「釣り」も不発に終わり…不登校YouTuberゆたぼんの今後をファン憂う

  1. 6
    総工費30億円・秋篠宮邸の改修コスト問題があがるが…“将来の皇太子”悠仁さまに引き継がれる妥当感

    総工費30億円・秋篠宮邸の改修コスト問題があがるが…“将来の皇太子”悠仁さまに引き継がれる妥当感

  2. 7
    SNSにあふれる団塊ジュニアの悲哀ツイート…「こんな世の中に誰がした」

    SNSにあふれる団塊ジュニアの悲哀ツイート…「こんな世の中に誰がした」

  3. 8
    「替え玉受験」横行する中で…京大卒・関西電力エリート会社員が目をつけられた理由

    「替え玉受験」横行する中で…京大卒・関西電力エリート会社員が目をつけられた理由

  4. 9
    ブラジルの英雄ネイマール“専売特許”過剰演技を封印!W杯の長すぎるロスタイムで世界が注目

    ブラジルの英雄ネイマール“専売特許”過剰演技を封印!W杯の長すぎるロスタイムで世界が注目

  5. 10
    前回大会も1次リーグで全滅…カタールW杯でも白星ゼロのアフリカ勢が精彩を欠く理由

    前回大会も1次リーグで全滅…カタールW杯でも白星ゼロのアフリカ勢が精彩を欠く理由