桧山珠美
著者のコラム一覧
桧山珠美コラムニスト

大阪府大阪市生まれ。出版社、編集プロダクションを経て、フリーライターに。現在はTVコラムニストとして、ラジオ・テレビを中心としたコラムを執筆。放送批評誌「GALAC」に「今月のダラクシー賞」を長期連載中。

近江アナ、阿川佐和子…3月でテレビから消える人を惜しむ

公開日: 更新日:

「あさイチ」の近江友里恵が3月でNHKを退局する。いかにもできるオンナ風ではなく、ほんわかとしつつ、キッチリ仕事をこなす得難いキャラで、華丸・大吉ともいいトリオだった。残念。

 昨年9月、突如、髪をバッサリ。セミロングからショートにイメチェンしたが、あの時に退局を決意したのか。「ブラタモリ」以来のファンとしてはテレビからいなくなるのは寂しい限り。

「俺の家の話」(TBS系)のTOKIO長瀬智也も4月にジャニーズ事務所を退所し、裏方になる。これが最後かと思うとドラマを見ながらしんみりする。

阿川佐和子黒柳徹子の後継者だったのに

 阿川佐和子「サワコの朝」(同)も終了。番組スタートから10年。黒柳徹子の後継者は阿川しかいないと思っていたら本家「徹子の部屋」より先に終了とは。トーク番組ほどコスパのいいものはなく、同じセット、新番組の番宣や映画・舞台などの告知を絡めゲストに困ることなし、意外な大物が出演することも。しかも、映像は貴重なアーカイブとして未来永劫受け継がれ、出演者の訃報では生前の映像として使い回すこともできる。

 テレビ朝日など在りし日の映像は、ほぼほぼ「徹子の部屋」出演時のものだったりするわけで、メリットだらけなのに、なぜ終わるのか。謎だ。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    これが安倍氏国葬の内幕…会場では水しか飲めず、官僚は寝落ち、超グダグダ進行に怒号まで

    これが安倍氏国葬の内幕…会場では水しか飲めず、官僚は寝落ち、超グダグダ進行に怒号まで

  2. 2
    朝倉未来「Breaking Down」で人気のラッパーが逮捕 “警棒”での男性暴行に「やっぱり」の声

    朝倉未来「Breaking Down」で人気のラッパーが逮捕 “警棒”での男性暴行に「やっぱり」の声

  3. 3
    人気YouTuberでも解散、活動休止に…「芸能人参入で競争激化」だけが理由ではない?

    人気YouTuberでも解散、活動休止に…「芸能人参入で競争激化」だけが理由ではない?

  4. 4
    巨人・坂本は“和解済み女性醜聞”でお咎めなし…香川照之は筋を通したことになる

    巨人・坂本は“和解済み女性醜聞”でお咎めなし…香川照之は筋を通したことになる

  5. 5
    日刊ゲンダイ記者が見た「国葬」の裏側…本を読んだり、スマホをいじったり、体操する職員も

    日刊ゲンダイ記者が見た「国葬」の裏側…本を読んだり、スマホをいじったり、体操する職員も

  1. 6
    “花束ポイ”ごぼうの党・奥野卓志党首の言い分「RIZINとメイウェザーへの無言の抗議です」

    “花束ポイ”ごぼうの党・奥野卓志党首の言い分「RIZINとメイウェザーへの無言の抗議です」

  2. 7
    国葬で友人代表の弔辞 菅前首相に注目《赤塚不二夫さんの時のタモリさんを思い出す》の声

    国葬で友人代表の弔辞 菅前首相に注目《赤塚不二夫さんの時のタモリさんを思い出す》の声

  3. 8
    ジャッジ“四球禍”で本塁打記録61本&打撃三冠に暗雲…大谷のMVPに土壇場で追い風

    ジャッジ“四球禍”で本塁打記録61本&打撃三冠に暗雲…大谷のMVPに土壇場で追い風

  4. 9
    「ごぼうの党」代表の花束問題が波及…朝倉未来と山田孝之らダンマリに心配と落胆の声

    「ごぼうの党」代表の花束問題が波及…朝倉未来と山田孝之らダンマリに心配と落胆の声

  5. 10
    阪神監督人事の暗闘…15年ぶり岡田再登板は「阪急主導」、球団の「平田昇格案」は潰された

    阪神監督人事の暗闘…15年ぶり岡田再登板は「阪急主導」、球団の「平田昇格案」は潰された