大河「青天を衝け」の死角 渋沢栄一の“カネと女”どう描く

公開日: 更新日:

「こんばんは。徳川家康です。今日はまず歴史の勉強です」

 語り役である北大路欣也(77)の意表を突いたオープニングで始まったNHK大河ドラマ「青天を衝け」。14日に放送された初回の平均視聴率は20.0%(関東地区・世帯、ビデオリサーチ調べ)。前作「麒麟がくる」の初回19.1%を超える好スタートとなった。初回放送で20%を超えたのは、「八重の桜」(2013年)以来8年ぶりとなる。

 主演は吉沢亮(27)。日本の資本主義の黎明期に、銀行、商社、鉄道など500社近くの企業の設立や育成に関わり、「日本資本主義の父」と呼ばれた実業家の渋沢栄一を演じる。渋沢は、著書に「論語と算盤」などがあり、24年には「新1万円札」の顔となる。

 好発進となった同作だが、作家の麻生千晶氏は「何話か見てみないと作品としての評価はできませんが」とした上で初回の印象についてこう話す。

「まず、黒崎博さんの演出がいい。徳川慶喜(草彅剛)に渋沢栄一といとこの渋沢喜作(高良健吾)が直訴するシーンでは、手前の2人より遠景の将軍様にフォーカスを当て、身分の差を表現していたり、ドローン撮影で農民たちが農作業をしている豊かな田畑を表現したりしていて素晴らしい」

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    “ほぼ全裸ポスター”は制度を悪用? 過去にもあった「公序良俗ギリギリ」のきわどいポスター

    “ほぼ全裸ポスター”は制度を悪用? 過去にもあった「公序良俗ギリギリ」のきわどいポスター

  2. 2
    国内男子ツアーの惨状招いた「元凶」…虫食い日程、録画放送、低レベルなコース

    国内男子ツアーの惨状招いた「元凶」…虫食い日程、録画放送、低レベルなコース

  3. 3
    自民議連が目指す郵政民営化改正案の“真の狙い”…郵便料金30年ぶり値上げの先にあるもの

    自民議連が目指す郵政民営化改正案の“真の狙い”…郵便料金30年ぶり値上げの先にあるもの

  4. 4
    木村拓哉「Believe」にさらなる逆風 粗品の“あいさつ無視”暴露に続き一般人からの告発投稿

    木村拓哉「Believe」にさらなる逆風 粗品の“あいさつ無視”暴露に続き一般人からの告発投稿

  5. 5
    キャリアの分岐点になった移籍の選択…名門パリSG、年俸倍額提示した独クラブのオファーを蹴った

    キャリアの分岐点になった移籍の選択…名門パリSG、年俸倍額提示した独クラブのオファーを蹴った

  1. 6
    巨人今季3度目の同一カード3連敗…次第に強まる二岡ヘッドへの風当たり

    巨人今季3度目の同一カード3連敗…次第に強まる二岡ヘッドへの風当たり

  2. 7
    「ほぼ全裸」ポスター巡り苦言のひろゆき氏らに嚙みつく…セクシー女優の"場外乱闘"が思わぬ展開に

    「ほぼ全裸」ポスター巡り苦言のひろゆき氏らに嚙みつく…セクシー女優の"場外乱闘"が思わぬ展開に

  3. 8
    西武はコーチ陣こそ休養が必要だ…貧打の根本原因は“激アマ”松井稼頭央監督だけじゃない

    西武はコーチ陣こそ休養が必要だ…貧打の根本原因は“激アマ”松井稼頭央監督だけじゃない

  4. 9
    「#萩生田百合子」がSNSで猛拡散!外苑再開発めぐるズブズブ癒着と利権が都知事選の一大争点に

    「#萩生田百合子」がSNSで猛拡散!外苑再開発めぐるズブズブ癒着と利権が都知事選の一大争点に

  5. 10
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」