お盛んなNHK桑子真帆アナ “フリー転身説”依然くすぶる理由

公開日: 更新日:

 昨年末の紅白司会も務めたNHK桑子真帆アナ(33)が、「FLASH」に“超肉食系素顔”と報じられたのは1月末のこと。

 元交際相手を名乗る男性が「不倫デート」「変態」などと書き込まれた2人のプリクラとともに、桑子が大学在学中だった06年から15年までの9年間“セフレ関係”にあったと告白。さらに多いときで桑子は「三股交際」していたことも暴露した。

 話が事実だとすれば、同局の“朝の顔”の看板アナは、かなりお盛んということになり、そのインパクトは絶大だ。

 発売中の「週刊文春」は「桑子アナ独立を支える大物司会者」として、報道でイメージダウンとなった桑子アナの独立の可能性について報じている。

 記事によれば、桑子アナは15年、東京勤務になると同時に「ブラタモリ」の3代目アシスタントに就任。全国区な知名度となったが、タモリは彼女をいたく気に入っており、番組卒業時に「何かあったら、いつでも相談に乗るからね」と言ったという。独立やフリーという言葉は使わなかったが、周囲はこの言葉を「独立するなら」の意味で受け取った。そして、桑子がNHKを独立する暁には、タモリが強力な後ろ盾になるだろうと結論付けている。さるテレビ局関係者はこう話す。

「NHKはこの手のスキャンダルを最も嫌いますから、表面上は気丈に振る舞っていたとしても、今、桑子アナは絶体絶命の大ピンチと言えるでしょう。同局の“夜の顔”で桑子アナとは同世代のライバルにあたる和久田麻由子アナ(32)から奪った1年ぶりの紅白司会の座も、今年は目がなくなりました。いずれ独立という話が出てくるかも知れません」

■関連キーワード

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    ダルビッシュ「サイドスローで日本ハム復帰」の可能性...かつて本人が語った“最悪最後、中継ぎも面白い”

    ダルビッシュ「サイドスローで日本ハム復帰」の可能性...かつて本人が語った“最悪最後、中継ぎも面白い”

  2. 2
    秋篠宮家が迫られる“悠仁さま広報戦略”の一手…急成長の宮内庁インスタと愛子さま人気で注目

    秋篠宮家が迫られる“悠仁さま広報戦略”の一手…急成長の宮内庁インスタと愛子さま人気で注目

  3. 3
    TM NETWORKデビュー40周年ツアーが千秋楽 生きる伝説3人でも直面する「老い」の現実

    TM NETWORKデビュー40周年ツアーが千秋楽 生きる伝説3人でも直面する「老い」の現実

  4. 4
    ダルビッシュ「日本ハムドラ1入団」の舞台裏…巨人が寝技で“4位指名画策”していた衝撃

    ダルビッシュ「日本ハムドラ1入団」の舞台裏…巨人が寝技で“4位指名画策”していた衝撃

  5. 5
    「天皇になられる方。誰かが注意しないと…」の声も出る悠仁さまの近況

    「天皇になられる方。誰かが注意しないと…」の声も出る悠仁さまの近況

  1. 6
    ダルビッシュの根底にある不屈の反骨精神 “強いチームで勝ちたい大谷”との決定的な違い

    ダルビッシュの根底にある不屈の反骨精神 “強いチームで勝ちたい大谷”との決定的な違い

  2. 7
    自民“裏金”衆院議員44人の「新選挙区」はココだ! 政倫審拒否した全員を落選させるしかない【表付き】

    自民“裏金”衆院議員44人の「新選挙区」はココだ! 政倫審拒否した全員を落選させるしかない【表付き】

  3. 8
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  4. 9
    竹内結子さん急死 昵懇だった三浦春馬の死と自身の不調

    竹内結子さん急死 昵懇だった三浦春馬の死と自身の不調

  5. 10
    入団直後から“普通でなかった”思考回路…完封を褒めても「何かありましたか?」の表情だった

    入団直後から“普通でなかった”思考回路…完封を褒めても「何かありましたか?」の表情だった