「麒麟がくる」識者の評価 新たな光秀像と裏切りのラスト

公開日: 更新日:

 コロナ禍による撮影中断で放送が後ろ倒しになっていた大河ドラマ「麒麟がくる」の最終回(第44回)が7日、ついに放送された。

 物語のクライマックスである「本能寺の変」が描かれ、平均世帯視聴率は18.4%。昨年1月19日放送の第1回の19.1%に次ぐ高視聴率となり、有終の美を飾った(数字はビデオリサーチ調べ、関東地区)。

 まさに大団円となった格好だが、その衝撃のラストにSNS上は騒然となっている。

 史実では「本能寺の変」で信長を討った明智光秀は、羽柴秀吉に返り討ちにあい“三日天下”となるのだが、そのことはナレーションでサラリと触れられたのみ。光秀の生死についても明らかにされなかった。

 その後はいきなり「本能寺の変から3年後」に時間が飛ぶ。そこで駒(門脇麦)が、街中にいる光秀らしき人物を見かけるのだが、群衆に紛れて声をかけられぬままその人物は去っていく。その後、光秀が馬に乗って山の中を走るラストカット。光秀は生き延びて徳川の幕政に関わったという“生存説”に含みを持たせた内容だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    “被弾”の深田恭子にさらなる受難…交際相手の不動産会社社長がガーシー砲の標的に

    “被弾”の深田恭子にさらなる受難…交際相手の不動産会社社長がガーシー砲の標的に

  2. 2
    給料286カ月分が誤って振り込まれ…チリ人男性が2800万円着服してドロン!

    給料286カ月分が誤って振り込まれ…チリ人男性が2800万円着服してドロン!

  3. 3
    横浜市の女性職員が「風俗店バイト」でクビに…ネットで同情的投稿が相次ぐ意外

    横浜市の女性職員が「風俗店バイト」でクビに…ネットで同情的投稿が相次ぐ意外

  4. 4
    魅惑のEカップ・田中みな実がまんまる“美バスト”をまたまた披露!

    魅惑のEカップ・田中みな実がまんまる“美バスト”をまたまた披露!

  5. 5
    今夏は「逆さビキニ」が再流行?仏ファッション誌も太鼓判

    今夏は「逆さビキニ」が再流行?仏ファッション誌も太鼓判

  1. 6
    カジノで106億円溶かした大王製紙前会長・井川意高氏の現在地「今は“抜けた”ような状態」

    カジノで106億円溶かした大王製紙前会長・井川意高氏の現在地「今は“抜けた”ような状態」

  2. 7
    新庄監督のトライアウトで日本ハム選手“ガス欠”…交流戦以降わずか1勝8敗のドロ沼

    新庄監督のトライアウトで日本ハム選手“ガス欠”…交流戦以降わずか1勝8敗のドロ沼

  3. 8
    歩りえこ40歳がヌード写真集に挑戦!「痩せにくくなって、夜はゆでたまご3個だけ」

    歩りえこ40歳がヌード写真集に挑戦!「痩せにくくなって、夜はゆでたまご3個だけ」

  4. 9
    シーズン初勝利の試合直後、投手コーチに言った「肘が痛くて…もう投げられません」

    シーズン初勝利の試合直後、投手コーチに言った「肘が痛くて…もう投げられません」

  5. 10
    生稲晃子氏が候補者アンケートにまさかの「無回答」連発! 何がやりたくて国政を志すのか

    生稲晃子氏が候補者アンケートにまさかの「無回答」連発! 何がやりたくて国政を志すのか