二田一比古
著者のコラム一覧
二田一比古ジャーナリスト

福岡県出身。大学卒業後、「微笑」(祥伝社)の記者に。その後、「Emma」「週刊文春」(ともに文芸春秋)をはじめ、多くの週刊誌、スポーツ新聞で芸能分野を中心に幅広く取材、執筆を続ける。フリー転身後はコメンテーターとしても活躍。

ジャニー氏が滝沢秀明を自身の後継プロデューサーに指名

公開日: 更新日:

ジャニーズのルーツ編(21)

 事務所がジャニー喜多川メリー喜多川の両輪で回っていた時代。2人を支えるスタッフも適材適所に配置していた。

「社長・副社長の全盛期は業界内でもその厳しさで通っていました。社内の異動も少なく、離職率も低かった」(芸能関係者)

 異色の部署(?)もあった。2009年4月、SMAPのメンバーだった草彅剛が泥酔。深夜の六本木ミッドタウン近くの公園で裸になるなどの行為で警察に逮捕される事件があった。急きょ、事情説明のために事務所玄関先に現れたのが中年男性だった。

「事務所の者」と言うだけでメディアはもちろん、所属タレントの間でも「事務所にあんな人がいるの」と話題になっていた。基本、タレントはあまり事務所に行くことはない。知らないスタッフがいても不思議はないが、メディア対応した幹部クラスと思われる人を知らないのは驚きだった。元事務所関係者に聞くと、意外な答えが返ってきた。

「タレントの住まいや駐車場の手配を主にやっている人でしょう。タレントの住まいは個々の希望もあるし、セキュリティーの問題もある。タレントが増えたことで専任する人が必要になった。タレントは自分で探す時間はない。希望をマネジャーやデスクに伝える。タレントが専任の人を知らなくて当然だと思う」

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  2. 2
    マレーシア「ららぽーと」に地元住民がソッポ…最大の誤算は歴史遺産を甘く見たこと

    マレーシア「ららぽーと」に地元住民がソッポ…最大の誤算は歴史遺産を甘く見たこと

  3. 3
    ドジャース山本由伸いきなり「投手史上最高の465億円」は“佐々木朗希込み”の値段だったか

    ドジャース山本由伸いきなり「投手史上最高の465億円」は“佐々木朗希込み”の値段だったか

  4. 4
    まともに相撲が取れない貴景勝いまだ現役の裏に「親方株問題」 3場所連続休場で9度目カド番確定

    まともに相撲が取れない貴景勝いまだ現役の裏に「親方株問題」 3場所連続休場で9度目カド番確定

  5. 5
    阪神・岡田監督に「契約延長説」急浮上…勇退説から二転三転も、背景に夫人のサポート

    阪神・岡田監督に「契約延長説」急浮上…勇退説から二転三転も、背景に夫人のサポート

  1. 6
    キムタクと9年近く交際も破局…通称“かおりん”を直撃すると

    キムタクと9年近く交際も破局…通称“かおりん”を直撃すると

  2. 7
    鹿児島・山形屋は経営破綻、宮崎・シーガイアが転売…南九州を襲った2つの衝撃

    鹿児島・山形屋は経営破綻、宮崎・シーガイアが転売…南九州を襲った2つの衝撃

  3. 8
    一人横綱・照ノ富士が満身創痍でも引退できない複雑事情…両膝と腰に爆弾抱え、糖尿病まで

    一人横綱・照ノ富士が満身創痍でも引退できない複雑事情…両膝と腰に爆弾抱え、糖尿病まで

  4. 9
    「飲みィのやりィのやりまくり…」高市早苗氏がブチまけていた“肉食自伝”の衝撃!

    「飲みィのやりィのやりまくり…」高市早苗氏がブチまけていた“肉食自伝”の衝撃!

  5. 10
    野茂英雄氏と借金トラブル 元1億円投手の佐野慈紀さんは今

    野茂英雄氏と借金トラブル 元1億円投手の佐野慈紀さんは今