不祥事連発ジャニーズJr. “22歳活動終了制度”導入の波紋

公開日: 更新日:

 ジャニーズ事務所はデビュー予備軍として、東西合わせ約200人いる「ジャニーズJr.」への年齢制限を満22歳とすると発表。波紋が広がっている。Jr.は故ジャニー喜多川前社長が発案し、滝沢秀明副社長(38)が統括してきたが、高齢化にくわえて未成年との飲酒に淫行疑惑、さらに違法賭博に強盗事件と、昨年も不祥事が相次いだこともあり、「アイドル・タレントとしてデビューを目指すことが大前提であるという基本に改めて立ち返る」と説明している。ジャニーズ取材の長いベテラン担当記者はこう言う。

「結果的にタレントとして芽が出なくても、たとえばマネジャーとか振付師であるとか、何かで食べていけるポジションを見つけようとしてきたのがジャニーズです。それでも、どうにもならない者もいて、面倒見切れないというのが実際のところでしょうし、年齢で上限をつくるというのはデビューを目指すJr.にしても有意義だと思います」

 かつては、同期から新グループとしてデビューする者があると、もう自分たちには目はないと判断し、静かに事務所を去っていくという流れがあったという。ところが、最近は大所帯になり、東西に分かれ、さらにユニットができたり解散したりの連続で、判断のタイミングも取りづらくなっていたようだ。

■関連キーワード

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  2. 2
    マレーシア「ららぽーと」に地元住民がソッポ…最大の誤算は歴史遺産を甘く見たこと

    マレーシア「ららぽーと」に地元住民がソッポ…最大の誤算は歴史遺産を甘く見たこと

  3. 3
    ドジャース山本由伸いきなり「投手史上最高の465億円」は“佐々木朗希込み”の値段だったか

    ドジャース山本由伸いきなり「投手史上最高の465億円」は“佐々木朗希込み”の値段だったか

  4. 4
    まともに相撲が取れない貴景勝いまだ現役の裏に「親方株問題」 3場所連続休場で9度目カド番確定

    まともに相撲が取れない貴景勝いまだ現役の裏に「親方株問題」 3場所連続休場で9度目カド番確定

  5. 5
    阪神・岡田監督に「契約延長説」急浮上…勇退説から二転三転も、背景に夫人のサポート

    阪神・岡田監督に「契約延長説」急浮上…勇退説から二転三転も、背景に夫人のサポート

  1. 6
    キムタクと9年近く交際も破局…通称“かおりん”を直撃すると

    キムタクと9年近く交際も破局…通称“かおりん”を直撃すると

  2. 7
    鹿児島・山形屋は経営破綻、宮崎・シーガイアが転売…南九州を襲った2つの衝撃

    鹿児島・山形屋は経営破綻、宮崎・シーガイアが転売…南九州を襲った2つの衝撃

  3. 8
    一人横綱・照ノ富士が満身創痍でも引退できない複雑事情…両膝と腰に爆弾抱え、糖尿病まで

    一人横綱・照ノ富士が満身創痍でも引退できない複雑事情…両膝と腰に爆弾抱え、糖尿病まで

  4. 9
    「飲みィのやりィのやりまくり…」高市早苗氏がブチまけていた“肉食自伝”の衝撃!

    「飲みィのやりィのやりまくり…」高市早苗氏がブチまけていた“肉食自伝”の衝撃!

  5. 10
    野茂英雄氏と借金トラブル 元1億円投手の佐野慈紀さんは今

    野茂英雄氏と借金トラブル 元1億円投手の佐野慈紀さんは今