二田一比古
著者のコラム一覧
二田一比古ジャーナリスト

福岡県出身。大学卒業後、「微笑」(祥伝社)の記者に。その後、「Emma」「週刊文春」(ともに文芸春秋)をはじめ、多くの週刊誌、スポーツ新聞で芸能分野を中心に幅広く取材、執筆を続ける。フリー転身後はコメンテーターとしても活躍。

キムタクと9年近く交際も破局…通称“かおりん”を直撃すると

公開日: 更新日:

ジャニーズのルーツ編(8)

 ジャニーズのスキャンダル対策の陣頭指揮を執ってきたのがメリー喜多川副社長だった。タレントを「うちの子」と呼び、外敵(メディア)から徹底的に守ってきた。アイドル生命を左右する恋愛に関しては「恋愛を取れば人気も仕事もなくなるわよ」とタレントに諭していた。

 それでもアイドルも男。年頃になれば好きな子ができるのが自然。フォーリーブス時代から女性との話は染み出すように出てきていた。特に女性誌にとってアイドルの熱愛は売り上げにつながる目玉だ。力を入れるようになったが、確かな話を揃えなければ、「どこにそんな証拠があるの」とメリー氏に突っぱねられるのは目に見えている。

 多忙極めるアイドルの行動把握は難しく、週刊誌も機動力があった時代ではない。ひとりでコツコツと地道な取材活動も少なくない。そう簡単に証拠は見つからない。

 それを痛感したのが90年代、まことしやかに報じられていたというより噂ばかりが先行していた木村拓哉と通称“かおりん”と呼ばれる女性の交際だった。

 SMAP人気が右肩上がりの時期、ファンから端を発したかおりんとの熱愛。日増しに信憑性は増し「結婚するのでは」という話まで出ていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    TKO木本武宏“投資トラブル”関係者が不審死…首謀者が有名芸能人の娘と交際、被害額30億円超に拡大の噂

    TKO木本武宏“投資トラブル”関係者が不審死…首謀者が有名芸能人の娘と交際、被害額30億円超に拡大の噂

  2. 2
    加藤浩次の次は谷原章介がさようなら?「めざまし8」での“失言”が命取りになりかねない

    加藤浩次の次は谷原章介がさようなら?「めざまし8」での“失言”が命取りになりかねない

  3. 3
    「X JAPANはどうなる?」YOSHIKIの肩透かし“重大発表”にファンはガッカリ…

    「X JAPANはどうなる?」YOSHIKIの肩透かし“重大発表”にファンはガッカリ…

  4. 4
    奴隷根性の表れか、尊い行動か…W杯日本人サポーターの“ゴミ拾い”めぐりSNSで場外乱闘

    奴隷根性の表れか、尊い行動か…W杯日本人サポーターの“ゴミ拾い”めぐりSNSで場外乱闘

  5. 5
    「煽り」「乗っかり」「釣り」も不発に終わり…不登校YouTuberゆたぼんの今後をファン憂う

    「煽り」「乗っかり」「釣り」も不発に終わり…不登校YouTuberゆたぼんの今後をファン憂う

  1. 6
    総工費30億円・秋篠宮邸の改修コスト問題があがるが…“将来の皇太子”悠仁さまに引き継がれる妥当感

    総工費30億円・秋篠宮邸の改修コスト問題があがるが…“将来の皇太子”悠仁さまに引き継がれる妥当感

  2. 7
    SNSにあふれる団塊ジュニアの悲哀ツイート…「こんな世の中に誰がした」

    SNSにあふれる団塊ジュニアの悲哀ツイート…「こんな世の中に誰がした」

  3. 8
    「替え玉受験」横行する中で…京大卒・関西電力エリート会社員が目をつけられた理由

    「替え玉受験」横行する中で…京大卒・関西電力エリート会社員が目をつけられた理由

  4. 9
    ブラジルの英雄ネイマール“専売特許”過剰演技を封印!W杯の長すぎるロスタイムで世界が注目

    ブラジルの英雄ネイマール“専売特許”過剰演技を封印!W杯の長すぎるロスタイムで世界が注目

  5. 10
    前回大会も1次リーグで全滅…カタールW杯でも白星ゼロのアフリカ勢が精彩を欠く理由

    前回大会も1次リーグで全滅…カタールW杯でも白星ゼロのアフリカ勢が精彩を欠く理由