桧山珠美
著者のコラム一覧
桧山珠美コラムニスト

大阪府大阪市生まれ。出版社、編集プロダクションを経て、フリーライターに。現在はTVコラムニストとして、ラジオ・テレビを中心としたコラムを執筆。放送批評誌「GALAC」に「今月のダラクシー賞」を長期連載中。

テレビ界を大掃除! ユーチューバータレントは要らない

公開日: 更新日:

 2020年もあと数日、今年の汚れは今年のうちにということでテレビの大掃除を。この際なので、テレビで要らないなあと思うあれやこれやを一掃して、スッキリと新しい年を迎えたい。

  ◇  ◇  ◇

■魂胆がミエミエ

 まずバラエティー。有象無象のユーチューバータレントが要らない。ユーチューブ再生回数〇万回だかなんだか知らんが、それをありがたがるテレビもどうかしている。

 ユーチューバーを使ってテレビで面白いことをやろうというのならまだしも、そんな手間をかけることなく、人気ユーチューバーを連れてきて、「今、若者にはやっているのは?」などとこびへつらい、彼らについている若い視聴者をテレビに呼び戻そうという魂胆がミエミエ、ああ、情けなや。

■復活したひな壇タレント

 そして、ひな壇。密を避けるために一瞬、バラエティーからひな壇が消えてほっとしていたが、また戻ってきた。

 もっとも要らないのは「中居正広の金スマ」のバックにいる赤い服を着た女性たち。あれこそ密の最たるもの。フェースガードをつけさせてまで存在する意味があるのか。

「おはよう日本」コンビがウザい

 民放だけでなくNHKも相当、要らないものだらけ。その最たるものが悪はしゃぎするアナウンサーたちだ。毎朝「朝ドラ」送りで悪はしゃぎする「おはよう日本」の高瀬耕造にはうんざり。あのテンションの高さがどうにもこうにも。近頃はお隣の桑子真帆も加わり、朝ドラ好きをアピール。せいぜい好感度を上げて有働由美子に続いてフリーにでもなるつもりか。NHKといえば、「紅白」の私物化もたいがいにしてもらいたい。審査員が朝ドラの杉咲花、大河の吉沢亮チコちゃんと番組大宣伝大会だ。

 そして、今年大活躍のワイドショーから。新型コロナウイルスの猛威とともに久々に活気を取り戻したワイドショー。

 視聴率も軒並み高く、それをいいことにコロナで大騒ぎ。とくに「羽鳥慎一モーニングショー」の玉川徹。こちらはいい悪いは別としてつねにあおる発言が物議を醸し、MC羽鳥は暴走を止めるのが仕事に。その歯に衣着せぬモノ言いに当初は支持が集まっていたが、最近は「玉川の顔を見るのも嫌」と拒否反応を示す視聴者も増えた。ロックダウン信奉(?)が庶民感覚と乖離していることにそろそろ気がついて欲しい。

■「大人の事情」という魔法の言葉が蔓延

 そのワイドショー自体も相変わらず、タレントコメンテーターの小銭稼ぎの場に成り下がっている。業界のしがらみやタブーは「大人の事情」という魔法の言葉でけむに巻き、当たり障りないことしか言わない。邪魔なだけ。夫がゲス不倫しただけの元国会議員が夫婦で出て来て、ぬけぬけと不倫問題を語るのを見ているとむしずが走る。

 どうかどうか、21年のテレビから不快なものが一掃され、だれもが楽しく見られますように。

■関連キーワード

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    「アンチヒーロー」木村佳乃&大島優子キャスティングで見えた日本のドラマの限界…最終回は視聴率アップ

    「アンチヒーロー」木村佳乃&大島優子キャスティングで見えた日本のドラマの限界…最終回は視聴率アップ

  2. 2
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  3. 3
    女優・吉沢京子「初体験は中村勘三郎さん」…週刊現代で告白

    女優・吉沢京子「初体験は中村勘三郎さん」…週刊現代で告白

  4. 4
    相続する前に親に処分しておいてほしいもの 2位は「不動産」…では1位は何だ?

    相続する前に親に処分しておいてほしいもの 2位は「不動産」…では1位は何だ?

  5. 5
    「アンチヒーロー」近藤華にブレークの予感…長谷川博己と互角の「泣きの演技」は両親譲りの“才能”か

    「アンチヒーロー」近藤華にブレークの予感…長谷川博己と互角の「泣きの演技」は両親譲りの“才能”か

  1. 6
    勘三郎さんがタクシーの中で私の足元に潜り込み太ももを…

    勘三郎さんがタクシーの中で私の足元に潜り込み太ももを…

  2. 7
    山本由伸が負傷離脱 原因はドジャースの管理体制にあらず…登板前日に見せていた“前兆”

    山本由伸が負傷離脱 原因はドジャースの管理体制にあらず…登板前日に見せていた“前兆”

  3. 8
    なぜ大谷の評価は「いまひとつ」なのか…現地メディアの根底に「安打じゃ満足できない」米国人気質

    なぜ大谷の評価は「いまひとつ」なのか…現地メディアの根底に「安打じゃ満足できない」米国人気質

  4. 9
    松本人志が“活動再開”に自信を深めるワケ…「A子さん」「B子さん」の決定情報つかんだとの噂も

    松本人志が“活動再開”に自信を深めるワケ…「A子さん」「B子さん」の決定情報つかんだとの噂も

  5. 10
    福山雅治は自宅に帰らず…吹石一恵と「6月離婚説」の真偽

    福山雅治は自宅に帰らず…吹石一恵と「6月離婚説」の真偽