井上トシユキ
著者のコラム一覧
井上トシユキITジャーナリスト

1964年、京都市生まれ。同志社大学文学部卒業後、会社員を経て、98年からジャーナリスト、ライター。IT、ネット、投資、科学技術、芸能など幅広い分野で各種メディアへの寄稿、出演多数。

瀬戸大也は妻が「恥」をかいたことが不倫のみそぎになった

公開日: 更新日:

 不倫など不祥事での謝罪会見では、恥をかいた後に垣間見える、その人の素の人間性に注目が集まる。三遊亭円楽や原田龍二は、まな板の鯉とばかりに素をさらけ出したからこそ、恥をかいた後で垣間見えた人間味に共感が集まった。

 しかしアンジャッシュ渡部建の場合、人間心理を語っていた割に小ざかしく、ちゃんと恥をかいていないと認定され、かえって嫌悪感が増したことがマイナスだったのではないか。

 渡部と同じようにゲスな不倫が発覚したオリンピック水泳メダリストの瀬戸大也は、本人が矢面に立っていないものの、妻の馬淵優佳が雑誌のインタビューを受けたことで、みそぎを済ませたのと同等の扱いとなっている。

 馬淵は「良き父・夫として家庭を守っているアスリート(略)そういうキャラクターを前面に出して広告などの仕事をしてきた」と端的に瀬戸の立場を示し、「これはもう『夫婦の問題』だけで済ませていいことではないと思う」と胸の内を明かした。

 さらに「人生にはメダルを取るより大事なことがたくさんある。まずそれをちゃんとしないと、これから先、彼を応援することはできない」と続けたうえで「今回のことがあってよくわかりました。本当に、ものすごく好き」と心情を吐露。最後は「彼にはここが正念場であることを自覚して頑張ってほしい」と締めた。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    コロナ飲み薬「ゾコーバ」に医療現場がソッポのナゼ…政府はコロナ補助金の精査を

    コロナ飲み薬「ゾコーバ」に医療現場がソッポのナゼ…政府はコロナ補助金の精査を

  2. 2
    美談にしてはいけない 逮捕歴を報じられたEXIT兼近の所業

    美談にしてはいけない 逮捕歴を報じられたEXIT兼近の所業

  3. 3
    黒幕「ルフィ」ワルの履歴書 凶悪犯行手口の“原点”は11年前の札幌強盗事件

    黒幕「ルフィ」ワルの履歴書 凶悪犯行手口の“原点”は11年前の札幌強盗事件

  4. 4
    巨人ドラ1浅野を侍Jに緊急招集?メジャー組が宮崎合宿不参加濃厚で“壮行試合の外野”に浮上

    巨人ドラ1浅野を侍Jに緊急招集?メジャー組が宮崎合宿不参加濃厚で“壮行試合の外野”に浮上

  5. 5
    侍J先発4本柱の佐々木朗希にWBC途中離脱が浮上…登板1試合でシーズン調整に専念か

    侍J先発4本柱の佐々木朗希にWBC途中離脱が浮上…登板1試合でシーズン調整に専念か

  1. 6
    山里亮太も加藤浩次も胸中モヤモヤ…「スッキリ」後釜番組にNHK武田真一アナ就任報道の波紋

    山里亮太も加藤浩次も胸中モヤモヤ…「スッキリ」後釜番組にNHK武田真一アナ就任報道の波紋

  2. 7
    いしだ壱成“一目ぼれ”の18歳下美女と熱愛→破局…金欠状態で「東南アジア進出」を目指す公算は?

    いしだ壱成“一目ぼれ”の18歳下美女と熱愛→破局…金欠状態で「東南アジア進出」を目指す公算は?

  3. 8
    官邸内で“ドラ息子”翔太郎氏の更迭論が浮上…岸田首相の切りたくても切れない「裏事情」の根深さ

    官邸内で“ドラ息子”翔太郎氏の更迭論が浮上…岸田首相の切りたくても切れない「裏事情」の根深さ

  4. 9
    SMAPはバラバラになっても“別格”だった 解散後も全員が順調に活動しているレアケース

    SMAPはバラバラになっても“別格”だった 解散後も全員が順調に活動しているレアケース

  5. 10
    火曜夜の恋愛ドラマ対決は大石静「星降る夜に」に軍配? 北川悦吏子ドラマに辛口のナゼ

    火曜夜の恋愛ドラマ対決は大石静「星降る夜に」に軍配? 北川悦吏子ドラマに辛口のナゼ