井上トシユキ
著者のコラム一覧
井上トシユキITジャーナリスト

1964年、京都市生まれ。同志社大学文学部卒業後、会社員を経て、98年からジャーナリスト、ライター。IT、ネット、投資、科学技術、芸能など幅広い分野で各種メディアへの寄稿、出演多数。

瀬戸大也は妻が「恥」をかいたことが不倫のみそぎになった

公開日: 更新日:

 不倫など不祥事での謝罪会見では、恥をかいた後に垣間見える、その人の素の人間性に注目が集まる。三遊亭円楽や原田龍二は、まな板の鯉とばかりに素をさらけ出したからこそ、恥をかいた後で垣間見えた人間味に共感が集まった。

 しかしアンジャッシュ渡部建の場合、人間心理を語っていた割に小ざかしく、ちゃんと恥をかいていないと認定され、かえって嫌悪感が増したことがマイナスだったのではないか。

 渡部と同じようにゲスな不倫が発覚したオリンピック水泳メダリストの瀬戸大也は、本人が矢面に立っていないものの、妻の馬淵優佳が雑誌のインタビューを受けたことで、みそぎを済ませたのと同等の扱いとなっている。

 馬淵は「良き父・夫として家庭を守っているアスリート(略)そういうキャラクターを前面に出して広告などの仕事をしてきた」と端的に瀬戸の立場を示し、「これはもう『夫婦の問題』だけで済ませていいことではないと思う」と胸の内を明かした。

 さらに「人生にはメダルを取るより大事なことがたくさんある。まずそれをちゃんとしないと、これから先、彼を応援することはできない」と続けたうえで「今回のことがあってよくわかりました。本当に、ものすごく好き」と心情を吐露。最後は「彼にはここが正念場であることを自覚して頑張ってほしい」と締めた。

■関連キーワード

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    相続する前に親に処分しておいてほしいもの 2位は「不動産」…では1位は何だ?

    相続する前に親に処分しておいてほしいもの 2位は「不動産」…では1位は何だ?

  2. 2
    山本由伸の「右肘」をドジャースは入団前から危惧! 超大型契約の中には“伏線”も

    山本由伸の「右肘」をドジャースは入団前から危惧! 超大型契約の中には“伏線”も

  3. 3
    巨人今季3度目の同一カード3連敗…次第に強まる二岡ヘッドへの風当たり

    巨人今季3度目の同一カード3連敗…次第に強まる二岡ヘッドへの風当たり

  4. 4
    巨人阿部監督よ、バルドナードの抑えは無理がある…先発からの配置転換もひとつの手

    巨人阿部監督よ、バルドナードの抑えは無理がある…先発からの配置転換もひとつの手会員限定記事

  5. 5
    悠仁さまは一般入試を一度も受けず難関名門高に入学…皇室でも“例外”は許されないのか?

    悠仁さまは一般入試を一度も受けず難関名門高に入学…皇室でも“例外”は許されないのか?

  1. 6
    明徳義塾・馬淵史郎監督が嘆く「今時の選手気質」…気になる2泊3日“高知遠征費”も大公開!

    明徳義塾・馬淵史郎監督が嘆く「今時の選手気質」…気になる2泊3日“高知遠征費”も大公開!

  2. 7
    阿部巨人が仕掛ける緊急トレード…有力候補はくすぶる「元本塁打王」「元最優秀中継ぎ投手」ら

    阿部巨人が仕掛ける緊急トレード…有力候補はくすぶる「元本塁打王」「元最優秀中継ぎ投手」ら

  3. 8
    「古畑任三郎」「暴れん坊将軍」「赤いシリーズ」…つまらない連ドラより名作再放送のススメ

    「古畑任三郎」「暴れん坊将軍」「赤いシリーズ」…つまらない連ドラより名作再放送のススメ

  4. 9
    ほんまダサいで維新…野党第1党獲得「正直難しい」と白旗、大阪万博も政治改革もグダグダ

    ほんまダサいで維新…野党第1党獲得「正直難しい」と白旗、大阪万博も政治改革もグダグダ

  5. 10
    植田日銀が「利上げ」めぐり板挟み腰砕け…余計なサプライズで円安加速

    植田日銀が「利上げ」めぐり板挟み腰砕け…余計なサプライズで円安加速