城下尊之
著者のコラム一覧
城下尊之芸能ジャーナリスト

1956年1月23日、福岡県北九州市生まれ。立教大学法学部卒。元サンケイスポーツ記者。82年、「モーニングジャンボ 奥様8時半です」(TBS)の芸能デスクとなり、芸能リポーターに転身。現在は「情報ライブ ミヤネ屋」(読売テレビ)、「朝生ワイド す・またん」(読売テレビ)、「バイキング」(フジテレビ)に出演中。

金子恵美 目指すは“令和の京唄子” 浮気夫を売りに大成功も

公開日: 更新日:

 先日、不倫報道があった元衆院議員の宮崎謙介氏(39)。「4年ぶり2度目の不倫」という言葉がスポーツ紙やワイドショーで使われまくって、笑いを誘った。

 4年ぶり2度目の当選と言われるべきところ、以前の反省から本当にイクメンでがんばっているというイメージも出てきたので、あ~あという感じだ。

 宮崎は、夫人のこれまた元衆院議員の金子恵美氏(42)と共に週末の情報番組に出演していた。自ら事情説明するということだった。宮崎氏は2016年、夫人が妊娠中に不倫が発覚。結果、議員辞職した。

 今回は「行き過ぎたコミュニケーションがあった。ホテルで会ったのは事実で、マッサージを受けた」というのが彼の言い訳。不倫自体は認めているように感じられ、金子氏は「呆れましたし、またかという思い。(週刊)文春さんには今後も監視してもらいたい」と発言していた。

 番組に出演していたテリー伊藤らは口々に「また不倫するでしょうね」と感想を述べていたが、そんなふうに言いやすい雰囲気を宮崎は持っている。そして「またやる」と決めつけられても、宮崎氏は「もう二度と浮気はしない」とは言わず、ただ黙っているのだった。

 金子氏はジッと夫を見つめたり、時折笑顔を見せたりと“微妙”な反応だったが、2度目も一応、許す形を取った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    小倉一郎さん「がん」が肺、胸骨、脳の4カ所に…大病を機に、やりたい3つのことすぐ行動に

    小倉一郎さん「がん」が肺、胸骨、脳の4カ所に…大病を機に、やりたい3つのことすぐ行動に

  2. 2
    ポスト三浦瑠麗は決まりか… 岩田明子氏「めざまし8」「サンジャポ」出演を視聴者はどう見た

    ポスト三浦瑠麗は決まりか… 岩田明子氏「めざまし8」「サンジャポ」出演を視聴者はどう見た

  3. 3
    道端ジェシカ容疑者 МDМA所持の疑いで逮捕…母親は「しばらく連絡していない」と憔悴しきり

    道端ジェシカ容疑者 МDМA所持の疑いで逮捕…母親は「しばらく連絡していない」と憔悴しきり

  4. 4
    上田桃子まさかの大逆転負け…「バウンスバック率」が物語る“ミスで仏頂面”のマイナス

    上田桃子まさかの大逆転負け…「バウンスバック率」が物語る“ミスで仏頂面”のマイナス

  5. 5
    高市早苗氏こそ「国会軽視」…土日に“言い訳ツイート”20回超、シンパも心配する異常ぶり

    高市早苗氏こそ「国会軽視」…土日に“言い訳ツイート”20回超、シンパも心配する異常ぶり

  1. 6
    中居正広 WBC"静かなリポート"で体調不安説が再燃…元SMAPメンバーの活躍で奮起か?

    中居正広 WBC"静かなリポート"で体調不安説が再燃…元SMAPメンバーの活躍で奮起か?

  2. 7
    球児の“ペッパーミル”に審判ダメ出し 高野連の頭の中はいまだに「青春スポ根ドラマ」幻想

    球児の“ペッパーミル”に審判ダメ出し 高野連の頭の中はいまだに「青春スポ根ドラマ」幻想

  3. 8
    台湾新幹線の車両更新で「日本が逆転受注」のウラ事情 日台親善のうつろさ浮き彫りに

    台湾新幹線の車両更新で「日本が逆転受注」のウラ事情 日台親善のうつろさ浮き彫りに

  4. 9
    朗希のWBCメキシコ戦はメジャーの大品評会と化す “25歳ルール”クリアなら総額450億円契約も

    朗希のWBCメキシコ戦はメジャーの大品評会と化す “25歳ルール”クリアなら総額450億円契約も

  5. 10
    田中みな実と宇垣美里の明暗…キャラ丸かぶり元女子アナ「女優」で成功するのはどっち?

    田中みな実と宇垣美里の明暗…キャラ丸かぶり元女子アナ「女優」で成功するのはどっち?