中居正広にプロデューサーの才 児童書バカ売れで実力証明

公開日: 更新日:

 中居正広(48)が監修し、28日に発売した絵本「♪ピンポンパンポンプー」(マガジンハウス)は予約注文だけで10万部を突破。「Amazon売れ筋ランキング」の「学習(本)」「テレビ朝日・朝日放送系の本」「児童文学」で1位の快挙だが、中居のネーミングがトリッキーすぎると話題だ。

 同書は番組共演者の劇団ひとり(43)がキャラクターをデザイン、社会学者で作家の古市憲寿(35)が文を担当。カピバラの「のんちゃんとびりーくん」が魔法の合言葉「ピンポンパンポンプー」で仲直りする友情を描いた心温まる絵本で、中居はタイトルを命名。

 子ども向け番組「ピンポンパン」がヒントになっていることは想像に難くない。昭和感のある言葉を掛けあわせる直球センスが斬新すぎるというのだ。

 中居のネーミングセンスはSMAP時代からで、キスマイの派生ユニット「舞祭組」(ぶさいく)では「なかいさん」名義で楽曲をプロデュース。13年発売のファーストシングルは「棚からぼたもち」、14年のセカンドは「てぃーてぃーてぃーてれって てれてぃてぃてぃ 〜だれのケツ〜」、15年のサードは「やっちゃった!!」の3部作。デビューシングルは、キスマイでは常に後方で目立たなかった4人にスポットが当たったことを自虐的に“棚からぼたもち”と表現。セカンドシングルは、曲のタイトルを失念したときにハミングで伝える節を、そのまま題名にするというキテレツぶりは、モーニング娘。のつんくをも想起させる。

■関連キーワード

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    “ほぼ全裸ポスター”は制度を悪用? 過去にもあった「公序良俗ギリギリ」のきわどいポスター

    “ほぼ全裸ポスター”は制度を悪用? 過去にもあった「公序良俗ギリギリ」のきわどいポスター

  2. 2
    国内男子ツアーの惨状招いた「元凶」…虫食い日程、録画放送、低レベルなコース

    国内男子ツアーの惨状招いた「元凶」…虫食い日程、録画放送、低レベルなコース

  3. 3
    自民議連が目指す郵政民営化改正案の“真の狙い”…郵便料金30年ぶり値上げの先にあるもの

    自民議連が目指す郵政民営化改正案の“真の狙い”…郵便料金30年ぶり値上げの先にあるもの

  4. 4
    木村拓哉「Believe」にさらなる逆風 粗品の“あいさつ無視”暴露に続き一般人からの告発投稿

    木村拓哉「Believe」にさらなる逆風 粗品の“あいさつ無視”暴露に続き一般人からの告発投稿

  5. 5
    キャリアの分岐点になった移籍の選択…名門パリSG、年俸倍額提示した独クラブのオファーを蹴った

    キャリアの分岐点になった移籍の選択…名門パリSG、年俸倍額提示した独クラブのオファーを蹴った

  1. 6
    巨人今季3度目の同一カード3連敗…次第に強まる二岡ヘッドへの風当たり

    巨人今季3度目の同一カード3連敗…次第に強まる二岡ヘッドへの風当たり

  2. 7
    「ほぼ全裸」ポスター巡り苦言のひろゆき氏らに嚙みつく…セクシー女優の"場外乱闘"が思わぬ展開に

    「ほぼ全裸」ポスター巡り苦言のひろゆき氏らに嚙みつく…セクシー女優の"場外乱闘"が思わぬ展開に

  3. 8
    西武はコーチ陣こそ休養が必要だ…貧打の根本原因は“激アマ”松井稼頭央監督だけじゃない

    西武はコーチ陣こそ休養が必要だ…貧打の根本原因は“激アマ”松井稼頭央監督だけじゃない

  4. 9
    「#萩生田百合子」がSNSで猛拡散!外苑再開発めぐるズブズブ癒着と利権が都知事選の一大争点に

    「#萩生田百合子」がSNSで猛拡散!外苑再開発めぐるズブズブ癒着と利権が都知事選の一大争点に

  5. 10
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」