桧山珠美
著者のコラム一覧
桧山珠美コラムニスト

大阪府大阪市生まれ。出版社、編集プロダクションを経て、フリーライターに。現在はTVコラムニストとして、ラジオ・テレビを中心としたコラムを執筆。放送批評誌「GALAC」に「今月のダラクシー賞」を長期連載中。

マッチ不倫に見るジャニーズの新風 後輩たちの発言に異変

公開日: 更新日:

 近藤真彦が無期限芸能活動自粛といわれてもいまいちピンとこない。というかマッチ、芸能活動してたっけ? 最後に見たのは1年前のジャニー喜多川のお別れ会だったか……。ジャニーズの長男と言われ、厚遇され続けていたマッチ。歌番組で歌唱した際、後輩たちが総立ちで盛り上げ、その姿がカラオケで上司が歌うのを盛り上げる部下のようで、ジャニーズもサラリーマン社会と一緒かと後輩に同情の声が集まったのは数年前のこと。

 あの時から比べれば、今はなんと開かれたことか。マッチの不倫騒動に関してもきちんと自分の言葉でコメントする後輩たちを見てジャニーズの新風を感じた。

 バラエティーでキムタクや松潤のモノマネをして笑いをとるA.B.C―Zの河合郁人は開拓者のひとり。ジャニーズ愛が強すぎるあまり、先輩のモノマネをするという体なのだが、森進一の真似をするコロッケと同じく、どこかに毒があるのは否めない。

 モノマネだけでなく、バラエティーでは先輩の話を小出しにし、笑いをとる。ジャニーズ漫談の第一人者ともいえる存在だ。

■「大先輩がそれをしてしまった」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    山口百恵から「ナオコさん、誰にも言わないでね…」と衝撃の告白

    山口百恵から「ナオコさん、誰にも言わないでね…」と衝撃の告白

  2. 2
    「三浦瑠麗」という虚像は需要と人選ミスが生んだ…最初からいかがわしかった

    「三浦瑠麗」という虚像は需要と人選ミスが生んだ…最初からいかがわしかった

  3. 3
    三浦瑠麗氏は夫の会社が訴えられ崖っぷち…テレビ地上波から追放危機、各界からも袋叩き

    三浦瑠麗氏は夫の会社が訴えられ崖っぷち…テレビ地上波から追放危機、各界からも袋叩き

  4. 4
    上田美由紀死刑囚が獄中死前に見せていた異変…文通を続けたライターに八つ当たり

    上田美由紀死刑囚が獄中死前に見せていた異変…文通を続けたライターに八つ当たり

  5. 5
    侍J宮崎合宿は大谷らメジャー選手全員不参加の危機…日本側が億単位の巨額保険料負担に

    侍J宮崎合宿は大谷らメジャー選手全員不参加の危機…日本側が億単位の巨額保険料負担に

  1. 6
    「飲みィのやりィのやりまくり…」高市早苗氏がブチまけていた“肉食自伝”の衝撃!

    「飲みィのやりィのやりまくり…」高市早苗氏がブチまけていた“肉食自伝”の衝撃!

  2. 7
    全国駅伝で一躍人気“スーパー中学生”ドルーリー朱瑛里 早くも心配なマスコミとファンの過熱

    全国駅伝で一躍人気“スーパー中学生”ドルーリー朱瑛里 早くも心配なマスコミとファンの過熱

  3. 8
    三浦瑠麗はバカとデマゴーグの「ハイブリッド型」 メディアはなぜ使い続けるのか

    三浦瑠麗はバカとデマゴーグの「ハイブリッド型」 メディアはなぜ使い続けるのか

  4. 9
    冬ドラマで残念な「大病院占拠」櫻井翔と「6秒間の軌跡」本田翼…新境地開拓には実力不足

    冬ドラマで残念な「大病院占拠」櫻井翔と「6秒間の軌跡」本田翼…新境地開拓には実力不足

  5. 10
    社民党・福島みずほ党首に上から目線 三浦瑠麗氏の発言に強烈な違和感

    社民党・福島みずほ党首に上から目線 三浦瑠麗氏の発言に強烈な違和感