玉木宏「極主夫道」が大健闘 昭和的“ベタ”コントに安心感

公開日: 更新日:

「半沢直樹」は別格としても、夏放送のTBSドラマ「私の家政夫ナギサさん」「MIU404」などがそろって高視聴率を獲得し、“連ドラ復権”の流れで始まった秋冬ドラマ。しかし、現在のところ、世帯平均視聴率が2ケタなのは「七人の秘書」(テレビ朝日=木曜夜9時)、「監察医 朝顔」(フジテレビ=月曜夜9時)、「危険なビーナス」(TBS=日曜夜9時)のみ。

「世帯視聴率はもはや"古い指標"。それで作品の優劣は語れませんが、長年染みついた感覚から、いまだに気になる数字ではあります」(ドラマ制作会社ベテランプロデューサー)

 その数字がなかなか2ケタに乗らない状況の中、健闘しているのが玉木宏(40)主演の「極主夫道」(日本テレビ=日曜夜10時30分)。10月11日の初回は11.8%の好スタートを見せた。

「この枠では昨年1月の『3年A組』以来、久々の2ケタ発進。第3話以降は1ケタですが、比較的高い水準をキープしています。先週の第7話は7%台でしたが、プロ野球日本シリーズの影響で放送が1時間遅れたことを考慮すれば、極端には落ちてはいません」(テレビ誌ライター)

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    ソフトB柳田悠岐に迫る“不良債権”のレッテル…ケガ相次ぎ「7年40億円契約」に見合わず

    ソフトB柳田悠岐に迫る“不良債権”のレッテル…ケガ相次ぎ「7年40億円契約」に見合わず

  2. 2
    巨人4番で4戦連続打点の中田翔 打てば打つほど「左翼コンバート案」加速のナゼ

    巨人4番で4戦連続打点の中田翔 打てば打つほど「左翼コンバート案」加速のナゼ

  3. 3
    「BA.2.75」“ケンタウロス”流行によるコロナ第8波は8月末到来か 感染症専門医が予測

    「BA.2.75」“ケンタウロス”流行によるコロナ第8波は8月末到来か 感染症専門医が予測

  4. 4
    パンチ佐藤さんの“お酒の流儀”「熊谷組時代に身についた酒席マナーが役立っています」

    パンチ佐藤さんの“お酒の流儀”「熊谷組時代に身についた酒席マナーが役立っています」

  5. 5
    岸田新内閣“統一教会汚染”にダンマリの傲岸不遜 閣僚軒並み「無回答」でSNS大炎上!

    岸田新内閣“統一教会汚染”にダンマリの傲岸不遜 閣僚軒並み「無回答」でSNS大炎上!

  1. 6
    原監督が巨人の“聖域”をブチ壊し…よりによって中田翔が「第91代4番」の衝撃

    原監督が巨人の“聖域”をブチ壊し…よりによって中田翔が「第91代4番」の衝撃

  2. 7
    AIが分析「コロナにかからない人が食べているもの」発症リスクの高い食品もチェック

    AIが分析「コロナにかからない人が食べているもの」発症リスクの高い食品もチェック

  3. 8
    水卜麻美、藤井貴彦…キャスターが次々コロナ感染 “緩みっぱなし”の情報番組スタジオ裏

    水卜麻美、藤井貴彦…キャスターが次々コロナ感染 “緩みっぱなし”の情報番組スタジオ裏

  4. 9
    20歳のルーキー岩井千怜が笑顔の初Vも…国内女子ツアーが抱える“ベテラン不在”の深刻度

    20歳のルーキー岩井千怜が笑顔の初Vも…国内女子ツアーが抱える“ベテラン不在”の深刻度

  5. 10
    高校野球の監督は「甲子園出場で御殿が建つ」って本当? どれだけ稼ぐ?

    高校野球の監督は「甲子園出場で御殿が建つ」って本当? どれだけ稼ぐ?