山田勝仁
著者のコラム一覧
山田勝仁演劇ジャーナリスト

新宿梁山泊「唐版・犬狼都市」鮮烈なラストシーンに震撼

公開日: 更新日:

 演劇の町・下北沢では小田急線の線路跡地を利用したさまざまなイベントが展開されている。線路街空き地では演劇の町を築いた「本多劇場グループ」と連携し、新宿梁山泊が「唐版・犬狼都市」を上演中だ。唐十郎が作家・澁澤龍彦の「犬狼都市・キュノポリス」に想を得て書いた作品で1979年初演。

 この作品には、いわく因縁がある。

 アングラ演劇の旗手として絶大な人気を誇った唐十郎と状況劇場が「公序良俗に反する」として、根城にしていた花園神社を追われたのが1968年。翌69年1月3日には新宿中央公園での無許可テント公演で機動隊と衝突し唐は逮捕。その後、日本南下興行、バングラデシュ、レバノンなど海外公演を経て、再び新宿西口に戻って上演したのが「唐版・犬狼都市」なのだ。

 冒頭、巨大な枕木を背負って登場する男(奥山ばらば)。彼はエジプト神話でオクシリンコス(鱗魚族)との闘いに敗れ、安住の地を追われた犬狼族だという。

 そこに現れる保健所職員の田口(宮原奨伍)と彼の同僚たち。彼らが探すのはファラダなる「しゃべる犬」だ。それを機に、調教師(八代定治)と弟子の十兵衛(オレノグラフィティ)、駅長(広島光)、駅員(松田洋治)、謎の女(水嶋カンナ)、田口の上司(趙博)、婦人警官(上久保慶子、赤松由美。ダブルキャストで19日から清水美帆子とえびねひさよ)ら、奇怪な登場人物が舞台でうごめき始める。

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    「実際のところ二刀流を勧める立場でもなければ、考えたことも、その発想すらなかった」

    「実際のところ二刀流を勧める立場でもなければ、考えたことも、その発想すらなかった」

  2. 2
    入団直後から“普通でなかった”思考回路…完封を褒めても「何かありましたか?」の表情だった

    入団直後から“普通でなかった”思考回路…完封を褒めても「何かありましたか?」の表情だった

  3. 3
    “懲罰二軍落ち”阪神・佐藤輝明に「藤浪化」の危険すぎる兆候…今が飛躍か凋落かの分水嶺

    “懲罰二軍落ち”阪神・佐藤輝明に「藤浪化」の危険すぎる兆候…今が飛躍か凋落かの分水嶺

  4. 4
    「結婚はまったく予想していませんでした。野球をやっている間はしないと思っていた」

    「結婚はまったく予想していませんでした。野球をやっている間はしないと思っていた」

  5. 5
    「銀河英雄伝説」大ヒットの田中芳樹さんは71歳 執筆47年で120~130冊…どのくらい稼いだの?

    「銀河英雄伝説」大ヒットの田中芳樹さんは71歳 執筆47年で120~130冊…どのくらい稼いだの?

  1. 6
    《あの方のこと?》ラルクhydeの「太っていくロックアーティストになりたくない」発言が物議

    《あの方のこと?》ラルクhydeの「太っていくロックアーティストになりたくない」発言が物議

  2. 7
    GLAYのTERU“ホテル不満ツイート”が物議…ツアー最終日「気持ちが上がらない」にファン失望

    GLAYのTERU“ホテル不満ツイート”が物議…ツアー最終日「気持ちが上がらない」にファン失望

  3. 8
    木村拓哉「Believe」にさらなる逆風 粗品の“あいさつ無視”暴露に続き一般人からの告発投稿

    木村拓哉「Believe」にさらなる逆風 粗品の“あいさつ無視”暴露に続き一般人からの告発投稿

  4. 9
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  5. 10
    小池百合子都知事の“元側近”小島敏郎氏が激白! 2020年都知事選直前に告げられた「衝撃の言葉」

    小池百合子都知事の“元側近”小島敏郎氏が激白! 2020年都知事選直前に告げられた「衝撃の言葉」