中居正広監修本に予約殺到 解散4年でもSMAP人気は色あせず

公開日: 更新日:

 元SMAP中居正広(48)が監修する絵本「ピンポンパンポンプー」(マガジンハウス)が話題になっている。

 TSUTAYAオンライン 本 総合ランキング(10月24日~28日)で2位にランクイン。1位に史上最速で204億円の興行収入を突破した「鬼滅の刃〈フィギュア付き同梱版〉23巻」、3位は「鬼滅の刃 外伝」で、ベスト10のうち7冊が鬼滅関連のなか、絵本では唯一のランクインだ。しかも発売が11月26日発売で、予約段階にもかかわらず上位を占めている。さらに、10月28日にはAmazonの「本の売れ筋ランキング」でトップ、「楽天ブックス」ランキングで2位を記録している。

 同書は「中居正広のニュースな会」(テレビ朝日系)から誕生。共演している劇団がステイホーム期間の余暇を使って、ジャニーズ事務所から独立した中居の個人事務所「のんびりなかい」のロゴ入りグッズを3Dプリンターなどで勝手に制作したのが発端で、劇団ひとり(43)がキャラクターデザイン、社会学者で作家の古市憲寿(35)が脚本を担当した。

「のんちゃん&びりーくん」という動物キャラクターで番組の公式グッズ第1号のエコバッグをネット販売。1週間で4万部を売り上げる大ヒットとなった。これに続き書籍化のプランが進行。番組で毎週進行を報告するプロモーションが功を奏して、今月に入ると予約冊数が6万部を突破。発売前から重版が決定した。

■関連キーワード

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    「アンチヒーロー」木村佳乃&大島優子キャスティングで見えた日本のドラマの限界…最終回は視聴率アップ

    「アンチヒーロー」木村佳乃&大島優子キャスティングで見えた日本のドラマの限界…最終回は視聴率アップ

  2. 2
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  3. 3
    女優・吉沢京子「初体験は中村勘三郎さん」…週刊現代で告白

    女優・吉沢京子「初体験は中村勘三郎さん」…週刊現代で告白

  4. 4
    相続する前に親に処分しておいてほしいもの 2位は「不動産」…では1位は何だ?

    相続する前に親に処分しておいてほしいもの 2位は「不動産」…では1位は何だ?

  5. 5
    「アンチヒーロー」近藤華にブレークの予感…長谷川博己と互角の「泣きの演技」は両親譲りの“才能”か

    「アンチヒーロー」近藤華にブレークの予感…長谷川博己と互角の「泣きの演技」は両親譲りの“才能”か

  1. 6
    勘三郎さんがタクシーの中で私の足元に潜り込み太ももを…

    勘三郎さんがタクシーの中で私の足元に潜り込み太ももを…

  2. 7
    山本由伸が負傷離脱 原因はドジャースの管理体制にあらず…登板前日に見せていた“前兆”

    山本由伸が負傷離脱 原因はドジャースの管理体制にあらず…登板前日に見せていた“前兆”

  3. 8
    なぜ大谷の評価は「いまひとつ」なのか…現地メディアの根底に「安打じゃ満足できない」米国人気質

    なぜ大谷の評価は「いまひとつ」なのか…現地メディアの根底に「安打じゃ満足できない」米国人気質

  4. 9
    松本人志が“活動再開”に自信を深めるワケ…「A子さん」「B子さん」の決定情報つかんだとの噂も

    松本人志が“活動再開”に自信を深めるワケ…「A子さん」「B子さん」の決定情報つかんだとの噂も

  5. 10
    福山雅治は自宅に帰らず…吹石一恵と「6月離婚説」の真偽

    福山雅治は自宅に帰らず…吹石一恵と「6月離婚説」の真偽