「嵐の大野」は完全消滅“第二の人生”と囁かれる交際復活説

公開日: 更新日:

 11月3日の無観客ラストライブ「アラフェス2020 at 国立競技場」を無事に終えた嵐。年内での活動休止のカウントダウンが始まるなか、ひときわ、注目を集めているのがリーダーの大野智(39)だ。さる制作会社幹部はこう話す。

「大野君の場合は休止という名の事実上の引退です。メンタルがボロボロだというんです。しかも、芸能界には何の未練もないのだとか。嵐ファンには酷な話ですが、5人が揃う嵐は2020年で見納めでしょうね」

 大野を除く松本潤二宮和也、桜井翔、相葉雅紀らはそれぞれがバラエティー番組やドラマ、映画などでソロとして活動していくという。活動休止後の大野は一体、何をするつもりなのか。そのヒントとなるのが今年4月に設立した個人事務所の存在だ。

「大野は仲のいいテレビ制作会社のプロデューサーと会社をこれまでに2つ立ち上げていた。一つは不動産や資産管理などの会社だったが、この4月に立ち上げたA社はマネジメント業務が記されているんです。彼は以前からジャニーズ独立を口にしていた。親しい知人らに対しては『本業は漁師、副業でアーティストをやっていく』と冗談とも本気とも取れる顔で話しているんです。今後はアイドルや歌手ではなく一芸術家として最小限のメディア露出を考えているようです。いずれにせよ嵐の大野は完全消滅です」(民放プロデューサー)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    比嘉愛未「推しの王子様」視聴率4%台でも“沈没”しないジンクス

    比嘉愛未「推しの王子様」視聴率4%台でも“沈没”しないジンクス

  2. 2
    菜々緒は「TOKYO MER」が大きな転機に…“普通っぽさ”が演じられる強み

    菜々緒は「TOKYO MER」が大きな転機に…“普通っぽさ”が演じられる強み

  3. 3
    論文指導をラブホで…美術評論界トップの上智大教授が肉体関係をもった教え子から訴えられていた

    論文指導をラブホで…美術評論界トップの上智大教授が肉体関係をもった教え子から訴えられていた

  4. 4
    鈴木杏樹「4000円ラブホ不倫」から1年半… 五十路のセクシー路線で本格再始動

    鈴木杏樹「4000円ラブホ不倫」から1年半… 五十路のセクシー路線で本格再始動

  5. 5
    眞子さまは一時金1億4000万円をもらうべき 小室圭さんの稼ぎと貯金だけではNY生活は続かない

    眞子さまは一時金1億4000万円をもらうべき 小室圭さんの稼ぎと貯金だけではNY生活は続かない

もっと見る

  1. 6
    再始動の槙原敬之は2度目逮捕時の“激太り&無精ひげ”からサッパリ 「クスリ断ち回復の証し」と元マトリ

    再始動の槙原敬之は2度目逮捕時の“激太り&無精ひげ”からサッパリ 「クスリ断ち回復の証し」と元マトリ

  2. 7
    小室圭さんは一度は「婚約辞退」を考えた 内定会見後のお食事会から“異変”が…

    小室圭さんは一度は「婚約辞退」を考えた 内定会見後のお食事会から“異変”が…

  3. 8
    ハリウッドはアフガニスタンをどう描いてきたか?「ランボー3」でタリバンは味方だった

    ハリウッドはアフガニスタンをどう描いてきたか?「ランボー3」でタリバンは味方だった

  4. 9
    教員同士が男子生徒の裸動画を交換…自宅から児童ポルノ1万8000点発見の“世も末”

    教員同士が男子生徒の裸動画を交換…自宅から児童ポルノ1万8000点発見の“世も末”

  5. 10
    前田敦子の泥酔騒動…話題の“個室合コン現場”は凄かった

    前田敦子の泥酔騒動…話題の“個室合コン現場”は凄かった