山田勝仁
著者のコラム一覧
山田勝仁演劇ジャーナリスト

「闇の将軍シリーズ」主人公は角栄、安倍・菅政治を批判

公開日: 更新日:

 新宿御苑前の劇場サンモールスタジオで展開中のJACROW「闇の将軍シリーズ」一挙3作連続上演(作・演出=中村ノブアキ)は今の安倍―菅政治への強烈な批判とも読み取れて面白い。

 主人公は元首相・田中角栄。“今太閤”として栄耀栄華を誇るも、ロッキード事件で逮捕。その後、「闇将軍」として歴代自民党内閣を裏から操りながら、“子分”に裏切られ、病に倒れるなど、不遇な晩年を送った。

 第1作「夕闇、山を越える」は角栄が政治家として脚光を浴び始めた1950年代が背景。

 1957年の某日、料亭で秘密の会合が行われている。この年の2月、病に倒れた石橋湛山内閣を引き継ぎ、岸信介が「居抜き内閣」として前内閣の全閣僚を留任、外相兼任のまま第56代内閣総理大臣に就任した。

 憲法改正をもくろむ岸は、内閣からリベラル派を一掃しようと画策。その員数そろえとして角栄を自派に引き込もうと画策する。

 一方、共に「百姓の出」で角栄の盟友・大平正芳は池田勇人が旗揚げした宏池会に角栄を引き入れようと懸命になる。「自主防衛もいいが、その前に国民がみな貧しさから抜けて等しく豊かになるのが先決だ」と。

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    ダルビッシュ「サイドスローで日本ハム復帰」の可能性...かつて本人が語った“最悪最後、中継ぎも面白い”

    ダルビッシュ「サイドスローで日本ハム復帰」の可能性...かつて本人が語った“最悪最後、中継ぎも面白い”

  2. 2
    秋篠宮家が迫られる“悠仁さま広報戦略”の一手…急成長の宮内庁インスタと愛子さま人気で注目

    秋篠宮家が迫られる“悠仁さま広報戦略”の一手…急成長の宮内庁インスタと愛子さま人気で注目

  3. 3
    TM NETWORKデビュー40周年ツアーが千秋楽 生きる伝説3人でも直面する「老い」の現実

    TM NETWORKデビュー40周年ツアーが千秋楽 生きる伝説3人でも直面する「老い」の現実

  4. 4
    ダルビッシュ「日本ハムドラ1入団」の舞台裏…巨人が寝技で“4位指名画策”していた衝撃

    ダルビッシュ「日本ハムドラ1入団」の舞台裏…巨人が寝技で“4位指名画策”していた衝撃

  5. 5
    「天皇になられる方。誰かが注意しないと…」の声も出る悠仁さまの近況

    「天皇になられる方。誰かが注意しないと…」の声も出る悠仁さまの近況

  1. 6
    ダルビッシュの根底にある不屈の反骨精神 “強いチームで勝ちたい大谷”との決定的な違い

    ダルビッシュの根底にある不屈の反骨精神 “強いチームで勝ちたい大谷”との決定的な違い

  2. 7
    自民“裏金”衆院議員44人の「新選挙区」はココだ! 政倫審拒否した全員を落選させるしかない【表付き】

    自民“裏金”衆院議員44人の「新選挙区」はココだ! 政倫審拒否した全員を落選させるしかない【表付き】

  3. 8
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  4. 9
    竹内結子さん急死 昵懇だった三浦春馬の死と自身の不調

    竹内結子さん急死 昵懇だった三浦春馬の死と自身の不調

  5. 10
    入団直後から“普通でなかった”思考回路…完封を褒めても「何かありましたか?」の表情だった

    入団直後から“普通でなかった”思考回路…完封を褒めても「何かありましたか?」の表情だった