新しい地図&石橋貴明「低視聴率組」にテレビマン戦々恐々

公開日: 更新日:

「地上波では絶対に実現しない組み合わせ」と話題なのが、11月1日の午後に生配信となるAbemaTV「新しい別の窓」。とんねるず石橋貴明(59)と元SMAP3人組の稲垣吾郎(46)、草彅剛(46)、香取慎吾(43)がそこで約10年ぶりに共演するのである。

 番組は「近年の地上波では見られなくなった往年のバラエティー企画」として、最近あまり見なくなった大型セットを組んでゲーム対決しつつ、トークやコラボライブを繰り広げるという。香取は「石橋貴明さんとは本当に久しぶりにお会いできるので、登場していただくだけでもうれしいのに、あのコーナーにも、あんなコーナーにも、さらには歌まで! とっても楽しみです! 生放送ですので、何が起きるかわかりません!? 貴さんの、このドキドキ感が大好きなのです!」とコメントを発表。ファンも生配信ならではのハプニングや爆弾発言を期待し盛り上がっていることだろう。

「若者を中心としたテレビ離れが止まらない中、さらにネットの勢い、忖度なしの自由度を印象づける企画となりそうです。このままいけば、ある日突然、ネットと地上波の順位がひっくり返ってもおかしくないのでは」と、業界歴が長い放送作家は言う。

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    美川憲一「もういいわ」和田アキ子「ありえない」…切り捨てた重鎮に見捨てられたNHK紅白の末路

  2. 2

    「重圧は言い訳にならない」とバッサリ、体操界レジェンド池谷幸雄氏が語る「エース不在」の影響

  3. 3

    オリンピアンの大甘同情論に透ける「特権意識」…血税注ぎ込まれているだけに厳罰必至の当然

  4. 4

    悠仁さまが“定員3人”の狭き門・筑波大AC入試も余裕でクリアできるワケ…9月初めにも明らかに?

  5. 5

    体操界は飲酒喫煙「常態化」の衝撃…かつてスポンサー企業もブチギレていた!

  1. 6

    パリ五輪辞退の宮田笙子は再起できるのか…境遇が重ねられるバトミントン桃田賢斗はその後

  2. 7

    ひっそりと存在消された NHK“車上不倫”人気アナカップル

  3. 8

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  4. 9

    美川憲一がジャニー氏性加害問題に言及した重み…“オネエキャラ”転身までの苦難の道のり

  5. 10

    スピードワゴン小沢一敬は松本人志と一蓮托生で復帰不可能か…幸せの骨頂の相方とは絶望的格差