マツコが芸能界引退を準備か 2年半前にくすぶっていた火種

公開日: 更新日:

「ついにこの日が来たか」と業界では冷静に受け止められている。9月16日に10年間レギュラー出演してきた「ホンマでっか!?TV」(フジテレビ系)をマツコ・デラックス(47)が卒業した。今回の“突然の降板”はマツコの芸能界引退の準備とも報じられているが、火種は2年半前からくすぶっていた。

 発端は報道番組「news zero」(日本テレビ系)のメインキャスターを務める有働由美子(51)がNHKを辞め、フリーに転じたこと。

あの当時、有働アナを獲得しようと複数の芸能プロが動いていましたが、その中でも多くの有名歌手が所属する大手芸能事務所が有利とみられていました。ところが、“あと一歩”というところで、マツコさんが所属する中堅事務所『ナチュラルエイト』に所属が決まりました。マツコは『私は(有働アナ)を全然誘っていない』と完全否定していましたが、有働アナを奪われたと考えた大手芸能プロの怒りはマツコさんに向かうことになります。マツコさんの得意技は“共演者転がし”ですが、それには共演者が欠かせません。それを封印するために“共演NG作戦”に打って出たのです」(芸能ライター)

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    美川憲一「もういいわ」和田アキ子「ありえない」…切り捨てた重鎮に見捨てられたNHK紅白の末路

  2. 2

    「重圧は言い訳にならない」とバッサリ、体操界レジェンド池谷幸雄氏が語る「エース不在」の影響

  3. 3

    オリンピアンの大甘同情論に透ける「特権意識」…血税注ぎ込まれているだけに厳罰必至の当然

  4. 4

    悠仁さまが“定員3人”の狭き門・筑波大AC入試も余裕でクリアできるワケ…9月初めにも明らかに?

  5. 5

    体操界は飲酒喫煙「常態化」の衝撃…かつてスポンサー企業もブチギレていた!

  1. 6

    パリ五輪辞退の宮田笙子は再起できるのか…境遇が重ねられるバトミントン桃田賢斗はその後

  2. 7

    ひっそりと存在消された NHK“車上不倫”人気アナカップル

  3. 8

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  4. 9

    美川憲一がジャニー氏性加害問題に言及した重み…“オネエキャラ”転身までの苦難の道のり

  5. 10

    スピードワゴン小沢一敬は松本人志と一蓮托生で復帰不可能か…幸せの骨頂の相方とは絶望的格差