江口洋介のやさぐれ感に歓喜…おじキュンの「真打ち登場」

公開日: 更新日:

 ドラマ界ですっかり定着した「おじキュン現象」。おじさんにキュンキュンするという意味だ。

 最近なら、すでに終了した連ドラ「私の家政夫ナギサさん」(TBS系)の大森南朋(48)を筆頭に、「おじさんはカワイイものがお好き。」(読売テレビ・日本テレビ系)の真島秀和(43)あたりか。また、大ヒットドラマ「半沢直樹」(TBS系)に出演していた香川照之(54)も、憎まれ役だったはずが、いつの間にか出演シーンがあるたびに〈可愛い〉〈半沢を好きすぎて、もはやヒロイン〉なんて歓声を一身に集めた。

「そんなおじキュンブームの中、『真打ち登場!』と思わず声をかけたくなるようなドラマが始まりました」と語るのは、ドラマウオッチャーで芸能ライターの山下真夏氏だ。

 おじキュンを求める視聴者に勧める連ドラとは、9月19日スタートの「天使にリクエストを~人生最後の願い~」(NHK)。“おじキュンの真打ち”とは、主演を務める俳優の江口洋介(52)のこと。江口が演じるのは、元マル暴で現在は探偵となった島田という男。優秀な刑事だったが、ある事件でわが子を失い、妻とも別れ、いまは自堕落な生活を送っているという設定だ。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    これが安倍氏国葬の内幕…会場では水しか飲めず、官僚は寝落ち、超グダグダ進行に怒号まで

    これが安倍氏国葬の内幕…会場では水しか飲めず、官僚は寝落ち、超グダグダ進行に怒号まで

  2. 2
    朝倉未来「Breaking Down」で人気のラッパーが逮捕 “警棒”での男性暴行に「やっぱり」の声

    朝倉未来「Breaking Down」で人気のラッパーが逮捕 “警棒”での男性暴行に「やっぱり」の声

  3. 3
    人気YouTuberでも解散、活動休止に…「芸能人参入で競争激化」だけが理由ではない?

    人気YouTuberでも解散、活動休止に…「芸能人参入で競争激化」だけが理由ではない?

  4. 4
    巨人・坂本は“和解済み女性醜聞”でお咎めなし…香川照之は筋を通したことになる

    巨人・坂本は“和解済み女性醜聞”でお咎めなし…香川照之は筋を通したことになる

  5. 5
    日刊ゲンダイ記者が見た「国葬」の裏側…本を読んだり、スマホをいじったり、体操する職員も

    日刊ゲンダイ記者が見た「国葬」の裏側…本を読んだり、スマホをいじったり、体操する職員も

  1. 6
    “花束ポイ”ごぼうの党・奥野卓志党首の言い分「RIZINとメイウェザーへの無言の抗議です」

    “花束ポイ”ごぼうの党・奥野卓志党首の言い分「RIZINとメイウェザーへの無言の抗議です」

  2. 7
    国葬で友人代表の弔辞 菅前首相に注目《赤塚不二夫さんの時のタモリさんを思い出す》の声

    国葬で友人代表の弔辞 菅前首相に注目《赤塚不二夫さんの時のタモリさんを思い出す》の声

  3. 8
    ジャッジ“四球禍”で本塁打記録61本&打撃三冠に暗雲…大谷のMVPに土壇場で追い風

    ジャッジ“四球禍”で本塁打記録61本&打撃三冠に暗雲…大谷のMVPに土壇場で追い風

  4. 9
    「ごぼうの党」代表の花束問題が波及…朝倉未来と山田孝之らダンマリに心配と落胆の声

    「ごぼうの党」代表の花束問題が波及…朝倉未来と山田孝之らダンマリに心配と落胆の声

  5. 10
    阪神監督人事の暗闘…15年ぶり岡田再登板は「阪急主導」、球団の「平田昇格案」は潰された

    阪神監督人事の暗闘…15年ぶり岡田再登板は「阪急主導」、球団の「平田昇格案」は潰された