瀬戸大也不倫報道2連発 渡部建に負けず劣らずの“ゲスぶり”

公開日: 更新日:

 東京五輪日本代表に内定している瀬戸大也(26)の新たな不倫を発売中の「週刊新潮」が報じて大騒ぎだ。

 先週、告発したCA美女に続いて今度は昨年9月に肉体関係を持った地方在住の20代女性が瀬戸との関係を暴露。昨年5月、瀬戸からインスタグラムのDM(ダイレクトメッセージ)が届いたのを機に距離が近づいたこと、ホテルでいきなりセックスをすること、女性の前で妻に電話をかけるなど、渡部建の「多目的トイレ不倫」に負けず劣らずの“ゲスぶり”が明らかになったのだ。

 瀬戸は以前から六本木や銀座など“夜の街”好きで、同誌によると、瀬戸の挙式直後の17年11月に銀座の高級クラブの女性2人に六本木のクラブのママ、タニマチの5人でタニマチのマンションに行き、いかがわしい雰囲気を察した女性陣が逃げ帰った話や、今年6月に瀬戸が若い女性2人を連れてサパークラブで飲んでいたことなども明らかになっている。また、当初報じられた不倫相手が瀬戸の所属するANAのCAではないかとも話題になっている。芸能リポーターの川内天子氏がこう言う。

「CM起用の理由が、家庭的、イクメンといった瀬戸さんの私生活の印象によるものなので、今後広告起用の可能性はゼロでしょう。さらに不倫相手が所属するANAのCAとなれば、主婦層の印象はさらに悪い。性のはけ口として、女性を粗雑に扱ったことがアウトだと気づかないことが一番の問題です」

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    横浜市の女性職員が「風俗店バイト」でクビに…ネットで同情的投稿が相次ぐ意外

    横浜市の女性職員が「風俗店バイト」でクビに…ネットで同情的投稿が相次ぐ意外

  2. 2
    ソフト3.5億円右腕が今季絶望 “給料泥棒”助っ人が減らない元凶は日本のザル身体検査に一因

    ソフト3.5億円右腕が今季絶望 “給料泥棒”助っ人が減らない元凶は日本のザル身体検査に一因

  3. 3
    カジノで106億円溶かした大王製紙前会長・井川意高氏の現在地「今は“抜けた”ような状態」

    カジノで106億円溶かした大王製紙前会長・井川意高氏の現在地「今は“抜けた”ような状態」

  4. 4
    小林浩美JLPGA会長はファン置き去り…「地上波中継なき」国内女子ツアーの行く末

    小林浩美JLPGA会長はファン置き去り…「地上波中継なき」国内女子ツアーの行く末

  5. 5
    「ナンバ兄弟」間宮祥太朗&満島真之介は来期ドラマも“全開バリバリ” 早くも膨らむ続編期待

    「ナンバ兄弟」間宮祥太朗&満島真之介は来期ドラマも“全開バリバリ” 早くも膨らむ続編期待

  1. 6
    3年前から「セーラー服乱交パーティー」60回も…29歳ケダモノ中学教師が女子高生と淫行

    3年前から「セーラー服乱交パーティー」60回も…29歳ケダモノ中学教師が女子高生と淫行

  2. 7
    ダチョウ倶楽部の「純烈」加入にファンから「それなら友井雄亮さんを復帰させて!」と悲鳴

    ダチョウ倶楽部の「純烈」加入にファンから「それなら友井雄亮さんを復帰させて!」と悲鳴

  3. 8
    (3)日本維新の会には「政調会長」が2人も…言うことバラバラで不仲という“特殊な体制”

    (3)日本維新の会には「政調会長」が2人も…言うことバラバラで不仲という“特殊な体制”

  4. 9
    マンション管理人を「何でも屋」と勘違い? 逆切れするモンスター住民の実態

    マンション管理人を「何でも屋」と勘違い? 逆切れするモンスター住民の実態

  5. 10
    今後は大谷翔平が狙われるこれだけの根拠…トラウトへの危険球が伏線の大乱闘で遺恨残す

    今後は大谷翔平が狙われるこれだけの根拠…トラウトへの危険球が伏線の大乱闘で遺恨残す