安倍総理「電撃辞意表明」に右往左往…TV各局のドタバタ劇

公開日: 更新日:

 安倍総理が8月28日午後5時から官邸で記者会見し、持病の潰瘍性大腸炎の再発・悪化を理由に突然の退陣を表明。テレビ各局も大揺れだった。

 総理辞任の情報は噂としては流れていたが、テレビ局の記者も誰も裏取りが出来ていない状態。永田町周辺が慌ただしくなってきたのは同日午後1時すぎ。午前の閣議後に総理は麻生太郎副総理兼財務相と会談して辞意を伝えた後、公明党山口那津男代表や二階幹事長、さらには岸田氏らにも情報が伝わった。

 この一報に慌てたのがNHKや民放の政治部記者ら。安倍首相はコロナ対策などの問題もあり、大方は来年の任期満了まで総理の責務を全うすると想定していたからだ。

「恐らく新聞社もそこまでの情報は取れていなかったはずです。総理は慶応大病院での再検査を受けた今月24日に誰にも相談せず一人で退陣を決断していた。事は国益を左右する総理の退陣問題です。テレビは最後まで慎重にならざるを得なかった」(政治部デスク)

 安倍総理退陣の噂が確信に変わった午後2時、各テレビ局は中継の準備に動き出した。

「地上波だけなら楽だが最近は以前と事情が違う。NHKは地上波とネットで同時中継すべく急きょ体制を組んだ。テレ東を除くキー局はTVerや各局のYouTubeチャンネルやツイッター、LINEなどのSNSでも中継すべくスタッフを割くことになったのです。まるで北朝鮮からミサイルが撃ち込まれたのではと思うような騒ぎだった。社会部の記者も駆り出されていた」(民放関係者)

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    横浜市の女性職員が「風俗店バイト」でクビに…ネットで同情的投稿が相次ぐ意外

    横浜市の女性職員が「風俗店バイト」でクビに…ネットで同情的投稿が相次ぐ意外

  2. 2
    ソフト3.5億円右腕が今季絶望 “給料泥棒”助っ人が減らない元凶は日本のザル身体検査に一因

    ソフト3.5億円右腕が今季絶望 “給料泥棒”助っ人が減らない元凶は日本のザル身体検査に一因

  3. 3
    カジノで106億円溶かした大王製紙前会長・井川意高氏の現在地「今は“抜けた”ような状態」

    カジノで106億円溶かした大王製紙前会長・井川意高氏の現在地「今は“抜けた”ような状態」

  4. 4
    小林浩美JLPGA会長はファン置き去り…「地上波中継なき」国内女子ツアーの行く末

    小林浩美JLPGA会長はファン置き去り…「地上波中継なき」国内女子ツアーの行く末

  5. 5
    「ナンバ兄弟」間宮祥太朗&満島真之介は来期ドラマも“全開バリバリ” 早くも膨らむ続編期待

    「ナンバ兄弟」間宮祥太朗&満島真之介は来期ドラマも“全開バリバリ” 早くも膨らむ続編期待

  1. 6
    3年前から「セーラー服乱交パーティー」60回も…29歳ケダモノ中学教師が女子高生と淫行

    3年前から「セーラー服乱交パーティー」60回も…29歳ケダモノ中学教師が女子高生と淫行

  2. 7
    ダチョウ倶楽部の「純烈」加入にファンから「それなら友井雄亮さんを復帰させて!」と悲鳴

    ダチョウ倶楽部の「純烈」加入にファンから「それなら友井雄亮さんを復帰させて!」と悲鳴

  3. 8
    (3)日本維新の会には「政調会長」が2人も…言うことバラバラで不仲という“特殊な体制”

    (3)日本維新の会には「政調会長」が2人も…言うことバラバラで不仲という“特殊な体制”

  4. 9
    マンション管理人を「何でも屋」と勘違い? 逆切れするモンスター住民の実態

    マンション管理人を「何でも屋」と勘違い? 逆切れするモンスター住民の実態

  5. 10
    今後は大谷翔平が狙われるこれだけの根拠…トラウトへの危険球が伏線の大乱闘で遺恨残す

    今後は大谷翔平が狙われるこれだけの根拠…トラウトへの危険球が伏線の大乱闘で遺恨残す