二田一比古
著者のコラム一覧
二田一比古ジャーナリスト

福岡県出身。大学卒業後、「微笑」(祥伝社)の記者に。その後、「Emma」「週刊文春」(ともに文芸春秋)をはじめ、多くの週刊誌、スポーツ新聞で芸能分野を中心に幅広く取材、執筆を続ける。フリー転身後はコメンテーターとしても活躍。

桜田淳子が統一教会の合同結婚式出席 実兄は「もう縁を切ったようなもの」

公開日: 更新日:

 桜田淳子(62)が入信した「統一教会」は脱会した元信者らを中心とする反統一教会との間で訴訟問題に発展するなどしていた。

 桜田自身も所属する事務所社長に200万円の壺を売っていたことが判明。社長は「淳子の純粋な気持ちはわかっている。彼女のためと思って買った」と親心を示していたが、統一教会に対する世間の目は厳しいものだった。

 桜田の出身地・秋田の実家を何度となく取材した。市内から車で20分ほどの静かな住宅地。日本家屋の家だった。行くと決まって対応してくれたのが両親と一緒に住む兄だった。玄関先で丁重に答えてくれたが、「目を覚まして欲しい」「合同結婚式には参加しないで欲しい」と訴えるようだった。

 入信のきっかけは姉だった。同じ秋田市内に居を構える姉は熱心な信者だった。かつて桜田の父親は被害者父母の会に参加していたが、姉は戻るどころか、妹の淳子にも大きな影響を与えていた。

 アイドルとして人気絶頂の頃の19歳の時に淳子はすでに入信していた。姉にも取材を試みたが、門前払いの記憶しかない。

 親・兄の願いも届かず淳子は合同結婚式に参加。式後、秋田を訪ねると兄の表情は一変。「もう縁を切ったようなものです」と言い切り、肩を落とした。本来なら歌手仲間からも祝福のコメントが寄せられるものだが、淳子の結婚に関しては話す人は少なく、複雑な思いが伝わってきていた。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    ドラフト前にスカウト困惑…九州国際大付監督が調査書「指名球団以外書かない」の波紋

    ドラフト前にスカウト困惑…九州国際大付監督が調査書「指名球団以外書かない」の波紋

  2. 2
    テレ朝・弘中綾香アナ結婚&彼氏の上場でWおめでた お相手はただの“一般男性”ではなかった

    テレ朝・弘中綾香アナ結婚&彼氏の上場でWおめでた お相手はただの“一般男性”ではなかった

  3. 3
    香川照之に続きENEOS会長までクラブでご乱行…彼らの失敗の本質はどこにあるのか

    香川照之に続きENEOS会長までクラブでご乱行…彼らの失敗の本質はどこにあるのか

  4. 4
    デイトレーダーの“プロ”は平均年収1000万円…誰でもなれるが1年後には9割が撤退する

    デイトレーダーの“プロ”は平均年収1000万円…誰でもなれるが1年後には9割が撤退する

  5. 5
    福山雅治“アラフィフパワー”全開で竹内涼真&横浜流星に圧勝!「沈黙のパレード」が絶好調

    福山雅治“アラフィフパワー”全開で竹内涼真&横浜流星に圧勝!「沈黙のパレード」が絶好調

  1. 6
    菅前首相の弔辞“使い回し疑惑”報道で大騒ぎ!SNSでは「山縣有朋」がトレンドワード入り

    菅前首相の弔辞“使い回し疑惑”報道で大騒ぎ!SNSでは「山縣有朋」がトレンドワード入り

  2. 7
    米アップル最重要幹部の“不適切ジョーク”が急拡散し辞任へ…同社も認め全米に衝撃!

    米アップル最重要幹部の“不適切ジョーク”が急拡散し辞任へ…同社も認め全米に衝撃!

  3. 8
    石田純一“親心”がアダで仕事激減…息子いしだ壱成と「父子共倒れ」の危機

    石田純一“親心”がアダで仕事激減…息子いしだ壱成と「父子共倒れ」の危機

  4. 9
    天皇陛下とチャールズ新国王…心配される共通項とは? 日本の皇室は英国王室がお手本

    天皇陛下とチャールズ新国王…心配される共通項とは? 日本の皇室は英国王室がお手本

  5. 10
    1泊最大8000円引き! いよいよ始まる「全国旅行支援」最新情報

    1泊最大8000円引き! いよいよ始まる「全国旅行支援」最新情報