渡哲也さんと裕次郎さん“幻のCM”裏に宝酒造と石原プロの絆

公開日: 更新日:

 渡哲也さんと石原裕次郎さんが“幻の共演”をしている宝酒造「松竹梅」のテレビCMは、まだしばらく放送されることになったが、その映像・音声の合成は見事なものだ。使われているのは、渡の部分はおととしの放送、裕次郎は45年前だという。寺の縁側で酒を飲んでいる僧侶役の渡が、「よろこびとは?」と尋ねると、客の裕次郎は「飲むことよ」と応じ、最後に「よろこび~のさけ、しょう・ちく・ばい」と声が重なる。

 やりとりも歌もぴたりなのだが、渡が兄貴、裕次郎はイタズラな弟のように見えるのが面白い。この時、渡は77歳、裕次郎は41歳だからなのだけれど、師弟逆転は新しい楽しさだ。

 CM放送の継続は、宝酒造が申し出て、石原プロモーションは快諾した。とにかく、石原プロと宝酒造の関係は深い。宝酒造の大宮隆元社長は、プロ設立の時から裕次郎の面倒を見て、大きな借金を抱えた時は全面支援し、派手な爆破シーンで制作費がかさんだテレビドラマ「西部警察」もスポンサーとして支え続けた。

「宝酒造の応援がなければ、『西部警察』というドラマはありませんでしたよ。番組スポンサーというだけでなく、表に出ない金銭的支援も多かったのではないでしょうか。札幌工場や伏見工場の敷地を撮影に使わせたり、ロケ先の地元ファンサービスのイベントも、宝酒造が全面的にバックアップしていました。東日本大震災や熊本地震など災害の時に、渡や舘ひろし神田正輝ら石原軍団総出の炊き出しは人気ですが、食材を現地に送り込んだり、給水車をわざわざ京都から手配したりということもやっていました」(テレビ局プロデューサー)

■関連キーワード

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    体操界は飲酒喫煙「常態化」の衝撃…かつてスポンサー企業もブチギレていた!

  2. 2

    オリンピアンの大甘同情論に透ける「特権意識」…血税注ぎ込まれているだけに厳罰必至の当然

  3. 3

    「重圧は言い訳にならない」とバッサリ、体操界レジェンド池谷幸雄氏が語る「エース不在」の影響

  4. 4

    大谷はシーズン後半戦、三冠王へまっしぐら ドジャース投壊がむしろ追い風になる理由

  5. 5

    夏休み到来! 我が子をテレビやゲーム、YouTube漬けにしない「割と簡単にできる方法」

  1. 6

    巨人選手を軒並み“チキン”にしたのは誰の仕業? 阿部監督ついに激怒「チャンスなのに悲壮感」

  2. 7

    阪神岡田監督の焦りを盟友・掛布雅之氏がズバリ指摘…状態上がらぬ佐藤輝、大山、ゲラを呼び戻し

  3. 8

    大谷の「左翼守備」前倒しに現実味…ドジャース投壊で「DH問題」は輪をかけて深刻に

  4. 9

    中日ポスト立浪は「侍J井端監督vs井上二軍監督」の一騎打ち…周囲の評価は五分五分か

  5. 10

    美川憲一「もういいわ」和田アキ子「ありえない」…切り捨てた重鎮に見捨てられたNHK紅白の末路