立川志らく「グッとラック!」迷走…トラブル頻発の要因は

公開日: 更新日:

 立川志らく(57)がMCの「グッとラック!」(TBS系)のリポーターが出演停止の憂き目に遭っていると発売中の写真誌「FLASH」が報じている。

■リポーターが“濡れ衣”で出演停止

 先月22日に放送された、足立区のフィリピンパブで発生した新型コロナウイルスの集団感染に関しての取材で相手の了承を得ずに放映し、トラブルに。現場でインタビューを担当したのは上路雪江リポーター(45)で、この件をきっかけに出演停止になっているというのだ。

 同番組は4月にも取材相手の意図に反する取り上げ方で当事者に謝罪。6月15日には北朝鮮から発信された動画チャンネルの紹介で日本で撮影されたダンスシーンを入れ込むなど、取材や放映に関するトラブルが頻発している。

 こうした取材トラブルの背景には“番組自体の方向性がブレまくり”という問題があるという。

「コロナの話題がメインになり、テレ朝の『モーニングショー』は玉川徹岡田晴恵、日テレの『スッキリ』は若手専門家で説得力を持たせているが、TBSは歯が立たない。そこで“自粛警察”や破産、貧困など、コロナ被害の変わり種を羅列してお茶を濁そうとしているそうです。MCの志らくはというと妻の不倫問題を“自己弁護”で終わらせたせいで、渡部の不倫問題にも歯切れが悪く、視聴率が下がっているから、ますます迷走している」(テレビ制作関係者)

■関連キーワード

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    相撲協会の逆鱗に触れた白鵬のメディア工作…イジメ黙認と隠蔽、変わらぬ傲慢ぶりの波紋と今後

    相撲協会の逆鱗に触れた白鵬のメディア工作…イジメ黙認と隠蔽、変わらぬ傲慢ぶりの波紋と今後

  2. 2
    TV界と旧ジャニーズ事務所の「不適切にもほどがある!」関係…錦戸亮5年ぶり地上波ドラマ出演で鮮明

    TV界と旧ジャニーズ事務所の「不適切にもほどがある!」関係…錦戸亮5年ぶり地上波ドラマ出演で鮮明

  3. 3
    元横綱・白鵬「部屋付き親方」はむしろプラス…弟子による暴行で厳罰でも理事長狙う厚顔

    元横綱・白鵬「部屋付き親方」はむしろプラス…弟子による暴行で厳罰でも理事長狙う厚顔

  4. 4
    大阪万博パビリオン建設に「リング」が邪魔…建設トップから今さら“ダメ出し”のア然

    大阪万博パビリオン建設に「リング」が邪魔…建設トップから今さら“ダメ出し”のア然

  5. 5
    元シブがき隊・本木雅弘はなぜ潰されなかった? 奥山和由氏が明かしたメリー氏の「圧力」

    元シブがき隊・本木雅弘はなぜ潰されなかった? 奥山和由氏が明かしたメリー氏の「圧力」

  1. 6
    「不適切にもほどがある!」第5話で衝撃展開! 阪神・淡路大震災を描いた宮藤官九郎の狙い

    「不適切にもほどがある!」第5話で衝撃展開! 阪神・淡路大震災を描いた宮藤官九郎の狙い

  2. 7
    元横綱・白鵬は「廃業」待ったナシ…北青鵬暴力騒動の厳罰処分に貴乃花親方がいつか来た道

    元横綱・白鵬は「廃業」待ったナシ…北青鵬暴力騒動の厳罰処分に貴乃花親方がいつか来た道

  3. 8
    国税庁が「採用情報」リプライ遮断の閉鎖性…自民裏金疑獄が飛び火でSNSも大荒れ

    国税庁が「採用情報」リプライ遮断の閉鎖性…自民裏金疑獄が飛び火でSNSも大荒れ

  4. 9
    中村獅童3歳次男の「両手小指欠損」公表に共感の輪…「私たちにとっても光」とは当事者の会担当者

    中村獅童3歳次男の「両手小指欠損」公表に共感の輪…「私たちにとっても光」とは当事者の会担当者

  5. 10
    どうなる? 中国不況で日本に流れたチャイナマネーの行方と東京の不動産価格

    どうなる? 中国不況で日本に流れたチャイナマネーの行方と東京の不動産価格