三浦春馬と9月ドラマで共演 松岡茉優が崩れ落ちた7.18ロケ

公開日: 更新日:

 俳優の三浦春馬さん(享年30)が亡くなってから間もなく1カ月が経つ。15日、三浦さんが出演する特別ドラマ「太陽の子」(NHK総合)が放送される。戦争に翻弄される若者たちを描いた物語で、三浦さんが演じるのは陸軍の下士官。今月上旬の試写では、鬼気迫る三浦さんの入水自殺未遂シーンを見た人からは「役柄と三浦さん本人が重なり合って胸が締め付けられるようだった」という声もあり、会場ではすすり泣く声が聞こえたという。

 これが“遺作”といわれているが、三浦さんの遺作ドラマは9月15日に始まる連続ドラマ「おカネの切れ目が恋のはじまり」(TBS系)となる。お蔵入りになるとか、代役を立てるなどいろいろ取り沙汰されたが、最終的に全4話で完結することで落ち着いた。三浦さんが演じるのはおもちゃメーカーの御曹司というボンボン役。一連の騒動や「太陽の子」の役柄とのイメージにギャップがあり、三浦さんのファンは生前の彼の笑顔を楽しみにしているという。

 現在、この「カネ恋」をめぐり注目を集めているのが、三浦さんと今回が初共演でドラマの主演を務める松岡茉優(25)だ。松岡が演じるのは三浦さんの会社に勤める経理部OLで“清貧女子”という役どころ。新型コロナウイルスの影響で撮影にさまざまな制限が加わる中、松岡はラブコメディーのヒロインを精いっぱい演じていた。ところが、7月18日昼すぎ、そこに衝撃的なニュースが走る。

■関連キーワード

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    体操界は飲酒喫煙「常態化」の衝撃…かつてスポンサー企業もブチギレていた!

  2. 2

    オリンピアンの大甘同情論に透ける「特権意識」…血税注ぎ込まれているだけに厳罰必至の当然

  3. 3

    「重圧は言い訳にならない」とバッサリ、体操界レジェンド池谷幸雄氏が語る「エース不在」の影響

  4. 4

    大谷はシーズン後半戦、三冠王へまっしぐら ドジャース投壊がむしろ追い風になる理由

  5. 5

    夏休み到来! 我が子をテレビやゲーム、YouTube漬けにしない「割と簡単にできる方法」

  1. 6

    巨人選手を軒並み“チキン”にしたのは誰の仕業? 阿部監督ついに激怒「チャンスなのに悲壮感」

  2. 7

    阪神岡田監督の焦りを盟友・掛布雅之氏がズバリ指摘…状態上がらぬ佐藤輝、大山、ゲラを呼び戻し

  3. 8

    大谷の「左翼守備」前倒しに現実味…ドジャース投壊で「DH問題」は輪をかけて深刻に

  4. 9

    中日ポスト立浪は「侍J井端監督vs井上二軍監督」の一騎打ち…周囲の評価は五分五分か

  5. 10

    美川憲一「もういいわ」和田アキ子「ありえない」…切り捨てた重鎮に見捨てられたNHK紅白の末路