安倍政権に100倍返し…“政界の半沢直樹”登場はいつ誰だ?

公開日: 更新日:

 9日に放送された第4話の個人視聴率が14.8%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)と、今年放送されたドラマで最高数字をたたき出したTBS系連続ドラマ「半沢直樹」(日曜午後9時)。圧倒的有利な立場を盾に嫌味たっぷりで無理難題を押し付ける上司に対し、決め台詞の「倍返し」でうっちゃりを食らわす半沢……。

<上司にここまで啖呵を切れないよ><社内抗争ばかりで本業はどうなってるんだ>などと賛否両論あるものの、土壇場で見事に大逆転するストーリー展開にサラリーマンらの心はすっかりわしづかみされているようだ。

 そんな中で9日の放送後、ネット上で「ズバリ、安倍政権そのものではないか」などとささやかれたフレーズがあった。半沢が発した次のセリフに対してだ。

<正しいことを正しいと言えること。組織の常識と世間の常識が一致していること。ひたむきで誠実に働いた者がきちんと評価されること。この当たり前のことが今の組織は出来ていない。だから誰かが戦うんだ>

 なるほど、確かに今の安倍政権は、公文書の隠蔽、改ざんが当たり前。明らかに正しくないのに正しい――などと、首相や閣僚、官僚らが開き直ってウソをつく。そして森友学園の国有地売却で公文書改ざんを命じられ、自死した財務省近畿財務局職員のように、ひたむきで誠実に働いた者を評価するどころか、責任を押し付けて頬かむりだ。まさにドラマで描かれている腐った体質そのものだろう。

 安倍政権に「100倍返し」する政界の半沢直樹の登場を国民は心待ちにしている。

■関連キーワード

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    「アンチヒーロー」木村佳乃&大島優子キャスティングで見えた日本のドラマの限界…最終回は視聴率アップ

    「アンチヒーロー」木村佳乃&大島優子キャスティングで見えた日本のドラマの限界…最終回は視聴率アップ

  2. 2
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  3. 3
    女優・吉沢京子「初体験は中村勘三郎さん」…週刊現代で告白

    女優・吉沢京子「初体験は中村勘三郎さん」…週刊現代で告白

  4. 4
    相続する前に親に処分しておいてほしいもの 2位は「不動産」…では1位は何だ?

    相続する前に親に処分しておいてほしいもの 2位は「不動産」…では1位は何だ?

  5. 5
    「アンチヒーロー」近藤華にブレークの予感…長谷川博己と互角の「泣きの演技」は両親譲りの“才能”か

    「アンチヒーロー」近藤華にブレークの予感…長谷川博己と互角の「泣きの演技」は両親譲りの“才能”か

  1. 6
    勘三郎さんがタクシーの中で私の足元に潜り込み太ももを…

    勘三郎さんがタクシーの中で私の足元に潜り込み太ももを…

  2. 7
    山本由伸が負傷離脱 原因はドジャースの管理体制にあらず…登板前日に見せていた“前兆”

    山本由伸が負傷離脱 原因はドジャースの管理体制にあらず…登板前日に見せていた“前兆”

  3. 8
    なぜ大谷の評価は「いまひとつ」なのか…現地メディアの根底に「安打じゃ満足できない」米国人気質

    なぜ大谷の評価は「いまひとつ」なのか…現地メディアの根底に「安打じゃ満足できない」米国人気質

  4. 9
    松本人志が“活動再開”に自信を深めるワケ…「A子さん」「B子さん」の決定情報つかんだとの噂も

    松本人志が“活動再開”に自信を深めるワケ…「A子さん」「B子さん」の決定情報つかんだとの噂も

  5. 10
    福山雅治は自宅に帰らず…吹石一恵と「6月離婚説」の真偽

    福山雅治は自宅に帰らず…吹石一恵と「6月離婚説」の真偽