ゆきぽよ“安倍批判”に賛同の声 若者の政治意識は変わるか

公開日: 更新日:

ゆきぽよ」の愛称で人気のタレント木村有希(23)の発言がSNSで話題だ。先日、生出演したTBS系「サンデージャポン」でのこと。「多くを語らない安倍総理」との特集で、「よくよく考えたら(年収)4000万円に見合う働きをしてないなと思う。何のために総理大臣やっているのかわかんない」などとコメントしたところ、賛否両論が殺到しているのである。

「そういうお前はギャラに見合った仕事をしているのか」「だいたい総理の仕事を知っているのか」という批判もあるが、「ゆきぽよ、よくぞ言った」と称えたり賛同する声がSNS上では多く見られたのだ。芸能プロ関係者が言う。

「ゆきぽよの発言が番組用の仕込みかどうかはともかく、芸能関係はコロナ禍で苦しんでいる。無策で補償もないうえ『アベノマスク』だ『Go To』だと支離滅裂なことばかりの現政権には怒りを禁じ得ない人間は多い。スポンサーの顔色をうかがいタブーとされてきた政治的発言も、最近は小泉今日子西田敏行ローラらが出てきて潮目が変わった」

■杉村太蔵を一刀両断

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    テレ朝・玉川徹氏は鎮火せず、NHK解説委員・岩田明子氏の時は…番組発言“炎上騒動”の大違い

    テレ朝・玉川徹氏は鎮火せず、NHK解説委員・岩田明子氏の時は…番組発言“炎上騒動”の大違い

  2. 2
    ロシア下院議員が激怒! 「軍服150万人分消失」の怪事件はクーデターの予兆か

    ロシア下院議員が激怒! 「軍服150万人分消失」の怪事件はクーデターの予兆か

  3. 3
    今度は「安倍晋三記念紙幣」発行を求める文書が出回る…保守系や自民議員が発起賛同

    今度は「安倍晋三記念紙幣」発行を求める文書が出回る…保守系や自民議員が発起賛同

  4. 4
    復帰のレンドンは220億円の“不良債権” お粗末守備が来季の大谷とエンゼルス最大の障害に

    復帰のレンドンは220億円の“不良債権” お粗末守備が来季の大谷とエンゼルス最大の障害に

  5. 5
    大谷翔平の「貢献度」がジャッジよりも低く出る不公平なカラクリ 米紙記者が指摘

    大谷翔平の「貢献度」がジャッジよりも低く出る不公平なカラクリ 米紙記者が指摘

  1. 6
    HIS(上)ハウステンボス売却は“日米経済安保”に発展か…不動産取引の裏に隠された深刻事態

    HIS(上)ハウステンボス売却は“日米経済安保”に発展か…不動産取引の裏に隠された深刻事態

  2. 7
    近ツーの“PTA代行サービス”が好調 背景に「できれば引き受けたくない」親の究極の選択

    近ツーの“PTA代行サービス”が好調 背景に「できれば引き受けたくない」親の究極の選択

  3. 8
    萩生田政調会長はまるで旧統一教会の“番犬”…「解散請求」を阻む嘘とゴマカシ

    萩生田政調会長はまるで旧統一教会の“番犬”…「解散請求」を阻む嘘とゴマカシ

  4. 9
    巨人原監督の続投は“消去法”…契約は「監督として3年」ではなく「球団と3年」の裏事情

    巨人原監督の続投は“消去法”…契約は「監督として3年」ではなく「球団と3年」の裏事情

  5. 10
    日本ハム近藤健介FA宣言なら争奪戦確実! あるのか巨人得意の“後出しじゃんけん”

    日本ハム近藤健介FA宣言なら争奪戦確実! あるのか巨人得意の“後出しじゃんけん”