手越祐也のカネと女と野望「目立つゆえモテない」とこぼす

公開日: 更新日:

「リスクは承知のうえ。僕がまっすぐ生き過ぎたからこそ巻き込んでしまった人たちがいるので訂正せずにはいられなかった」

 ジャニーズ事務所を退所した元NEWSの手越祐也(32)が5日、都内でフォトエッセー「AVALANCHE」(双葉社)の出版会見に登場。今後の活動について構想を披露した。

 退所会見をYouTube配信するなど、ド肝を抜く演出で次々と話題を振りまく手越の新著にはAKB48の柏木由紀(29)や北原里英(29)ら過去に熱愛が報道されたタレントについての言及がたっぷりというウワサに100人近い報道陣が集結。手越は冒頭のように「まっすぐ生き過ぎた」とカッコよくケムに巻いたが、「アイドルとしての第1ピリオドに区切りをつけるためにも、強烈な見え方しちゃうけど真実を話して、訂正したかった。ぜひ読んでいただけたらと思います」と語った。

■元TOKIO山口と農業体験構想

 今後は元TOKIOの山口達也(48)を巻き込んで農業体験ができる“手越村”など計画は芸能界にとどまらず。「夢は言うことからです。メッシに会いたいって言っていたら会えたので」と超ポジティブな手越について芸能リポーターの川内天子氏がこう言う。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    テレ朝・玉川徹氏は鎮火せず、NHK解説委員・岩田明子氏の時は…番組発言“炎上騒動”の大違い

    テレ朝・玉川徹氏は鎮火せず、NHK解説委員・岩田明子氏の時は…番組発言“炎上騒動”の大違い

  2. 2
    ロシア下院議員が激怒! 「軍服150万人分消失」の怪事件はクーデターの予兆か

    ロシア下院議員が激怒! 「軍服150万人分消失」の怪事件はクーデターの予兆か

  3. 3
    今度は「安倍晋三記念紙幣」発行を求める文書が出回る…保守系や自民議員が発起賛同

    今度は「安倍晋三記念紙幣」発行を求める文書が出回る…保守系や自民議員が発起賛同

  4. 4
    復帰のレンドンは220億円の“不良債権” お粗末守備が来季の大谷とエンゼルス最大の障害に

    復帰のレンドンは220億円の“不良債権” お粗末守備が来季の大谷とエンゼルス最大の障害に

  5. 5
    大谷翔平の「貢献度」がジャッジよりも低く出る不公平なカラクリ 米紙記者が指摘

    大谷翔平の「貢献度」がジャッジよりも低く出る不公平なカラクリ 米紙記者が指摘

  1. 6
    HIS(上)ハウステンボス売却は“日米経済安保”に発展か…不動産取引の裏に隠された深刻事態

    HIS(上)ハウステンボス売却は“日米経済安保”に発展か…不動産取引の裏に隠された深刻事態

  2. 7
    近ツーの“PTA代行サービス”が好調 背景に「できれば引き受けたくない」親の究極の選択

    近ツーの“PTA代行サービス”が好調 背景に「できれば引き受けたくない」親の究極の選択

  3. 8
    萩生田政調会長はまるで旧統一教会の“番犬”…「解散請求」を阻む嘘とゴマカシ

    萩生田政調会長はまるで旧統一教会の“番犬”…「解散請求」を阻む嘘とゴマカシ

  4. 9
    巨人原監督の続投は“消去法”…契約は「監督として3年」ではなく「球団と3年」の裏事情

    巨人原監督の続投は“消去法”…契約は「監督として3年」ではなく「球団と3年」の裏事情

  5. 10
    日本ハム近藤健介FA宣言なら争奪戦確実! あるのか巨人得意の“後出しじゃんけん”

    日本ハム近藤健介FA宣言なら争奪戦確実! あるのか巨人得意の“後出しじゃんけん”