YouTubeは手越、インスタは山P ジャニーズSNS下剋上の熾烈

公開日: 更新日:

 ジャニーズ流出に“第3波”がやってきた。TOKIO長瀬智也(41)が来年3月に退所。残る3人はジャニーズ事務所の中に関連会社「株式会社TOKIO」を設立する。今年すでに3月に中居正広(47)、6月に手越祐也(32)が退所。中居のようにグループ活動時と変わらず5本のレギュラー番組を堅持しているのはレアケースだったが、今後はますます開かれた世界になりそうだ。

 そんな“辞めジャニ”にとって生命線になるツールはSNS。手越はYouTube公式チャンネルの初回に6月23日の退所会見をフル配信し、視聴回数は1000万回超えを記録。事務所や楽曲制作、打ち合わせルームを兼ねた280平米の自宅や4000万円の愛車を公開したり、アイドル時代にはありえなかったパーソナルな部分を次々と明かし話題に。初体験はNEWSデビューの翌年、16歳だったことまでぶっちゃけ、最近はアンチの声が増えてきたものの男性視聴者も多く、注目度は増すばかりである。

 そもそも、元ジャニーズでSNS展開を成功させた第一人者は赤西仁(36)。14年の退所後はワーナーミュージックとの契約が残っていたが、すぐに自主レーベルを発足。アメリカや中国でコンサートを開く一方で、16年に俳優の山田孝之(36)と音楽ユニット「JINTAKA」(すでに解散)を結成、今年は元関ジャニ∞錦戸亮(35)と共同プロジェクト「N/A」を立ち上げ、中国版ツイッター・ウェイボーのフォロワーは日本人ランキング8位、ジャニーズブランドからは唯一のベスト10入りである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    テレ朝・玉川徹氏は鎮火せず、NHK解説委員・岩田明子氏の時は…番組発言“炎上騒動”の大違い

    テレ朝・玉川徹氏は鎮火せず、NHK解説委員・岩田明子氏の時は…番組発言“炎上騒動”の大違い

  2. 2
    ロシア下院議員が激怒! 「軍服150万人分消失」の怪事件はクーデターの予兆か

    ロシア下院議員が激怒! 「軍服150万人分消失」の怪事件はクーデターの予兆か

  3. 3
    今度は「安倍晋三記念紙幣」発行を求める文書が出回る…保守系や自民議員が発起賛同

    今度は「安倍晋三記念紙幣」発行を求める文書が出回る…保守系や自民議員が発起賛同

  4. 4
    復帰のレンドンは220億円の“不良債権” お粗末守備が来季の大谷とエンゼルス最大の障害に

    復帰のレンドンは220億円の“不良債権” お粗末守備が来季の大谷とエンゼルス最大の障害に

  5. 5
    大谷翔平の「貢献度」がジャッジよりも低く出る不公平なカラクリ 米紙記者が指摘

    大谷翔平の「貢献度」がジャッジよりも低く出る不公平なカラクリ 米紙記者が指摘

  1. 6
    HIS(上)ハウステンボス売却は“日米経済安保”に発展か…不動産取引の裏に隠された深刻事態

    HIS(上)ハウステンボス売却は“日米経済安保”に発展か…不動産取引の裏に隠された深刻事態

  2. 7
    近ツーの“PTA代行サービス”が好調 背景に「できれば引き受けたくない」親の究極の選択

    近ツーの“PTA代行サービス”が好調 背景に「できれば引き受けたくない」親の究極の選択

  3. 8
    萩生田政調会長はまるで旧統一教会の“番犬”…「解散請求」を阻む嘘とゴマカシ

    萩生田政調会長はまるで旧統一教会の“番犬”…「解散請求」を阻む嘘とゴマカシ

  4. 9
    巨人原監督の続投は“消去法”…契約は「監督として3年」ではなく「球団と3年」の裏事情

    巨人原監督の続投は“消去法”…契約は「監督として3年」ではなく「球団と3年」の裏事情

  5. 10
    日本ハム近藤健介FA宣言なら争奪戦確実! あるのか巨人得意の“後出しじゃんけん”

    日本ハム近藤健介FA宣言なら争奪戦確実! あるのか巨人得意の“後出しじゃんけん”