山田勝仁
著者のコラム一覧
山田勝仁演劇ジャーナリスト

「人間合格」太宰治の半生から節操なき“戦後日本人”を描く

公開日: 更新日:

こまつ座「人間合格」

 若き日の太宰治に焦点を当てた井上ひさし作の評伝劇。

 津島修治(太宰治=青柳翔)は、帝大入学のため青森から上京、学生下宿で貧乏学生の佐藤浩蔵(塚原大助)、山田定一(伊達暁)と出会い、たちまち意気投合。左翼運動に共鳴し、風呂敷を幕に使った「フロシキ劇場」なる大衆啓蒙演劇を始める。

 しかし、プロレタリア運動への当局の弾圧は激しくやがて彼らの運動も終息。山田は役者に味をしめ演劇に進み、佐藤は運動を捨てきれず地下活動に。そして修治は文学へと歩み出す。

 3人はこの後、事あるごとに人生の節目で再会し、互いの生き方を認め合う。

 冒頭に舞台背景に大写しされる赤ん坊の修治、学生時代の修治、薬物中毒で入院生活を送る修治など6葉の写真を足がかりに、太宰の半生を追っていく。

 太宰文学の「憂鬱」は何から起因するのか。井上は太宰が黙して語らなかったという学生時代の左翼運動と挫折に光を当て太宰文学を検証する。

 社会主義運動に傾倒するものの、津軽の大地主の出自という修治の矛盾。その葛藤を突くのは、津島家から派遣され、修治につきまとう中北芳吉(益城孝次郎)という番頭。彼は修治に運動から手を引くよう進言し、修治の矛盾を指摘する。「大地主の息子が社会主義運動をするとは何たること」と。

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    「実際のところ二刀流を勧める立場でもなければ、考えたことも、その発想すらなかった」

    「実際のところ二刀流を勧める立場でもなければ、考えたことも、その発想すらなかった」

  2. 2
    入団直後から“普通でなかった”思考回路…完封を褒めても「何かありましたか?」の表情だった

    入団直後から“普通でなかった”思考回路…完封を褒めても「何かありましたか?」の表情だった

  3. 3
    “懲罰二軍落ち”阪神・佐藤輝明に「藤浪化」の危険すぎる兆候…今が飛躍か凋落かの分水嶺

    “懲罰二軍落ち”阪神・佐藤輝明に「藤浪化」の危険すぎる兆候…今が飛躍か凋落かの分水嶺

  4. 4
    「結婚はまったく予想していませんでした。野球をやっている間はしないと思っていた」

    「結婚はまったく予想していませんでした。野球をやっている間はしないと思っていた」

  5. 5
    「銀河英雄伝説」大ヒットの田中芳樹さんは71歳 執筆47年で120~130冊…どのくらい稼いだの?

    「銀河英雄伝説」大ヒットの田中芳樹さんは71歳 執筆47年で120~130冊…どのくらい稼いだの?

  1. 6
    《あの方のこと?》ラルクhydeの「太っていくロックアーティストになりたくない」発言が物議

    《あの方のこと?》ラルクhydeの「太っていくロックアーティストになりたくない」発言が物議

  2. 7
    GLAYのTERU“ホテル不満ツイート”が物議…ツアー最終日「気持ちが上がらない」にファン失望

    GLAYのTERU“ホテル不満ツイート”が物議…ツアー最終日「気持ちが上がらない」にファン失望

  3. 8
    木村拓哉「Believe」にさらなる逆風 粗品の“あいさつ無視”暴露に続き一般人からの告発投稿

    木村拓哉「Believe」にさらなる逆風 粗品の“あいさつ無視”暴露に続き一般人からの告発投稿

  4. 9
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  5. 10
    小池百合子都知事の“元側近”小島敏郎氏が激白! 2020年都知事選直前に告げられた「衝撃の言葉」

    小池百合子都知事の“元側近”小島敏郎氏が激白! 2020年都知事選直前に告げられた「衝撃の言葉」