三遊亭鬼丸
著者のコラム一覧
三遊亭鬼丸落語家

昭和47(1972)年生まれ。長野県上田市出身。平成9年、三遊亭円歌に入門。前座名は「歌ご」。平成12年、二つ目に昇進し「きん歌」に改名。平成22年、「三遊亭鬼丸」襲名で真打ち昇進。NACK5「ゴゴモンズ」メインパーソナリティー。

渡部さん「罪のない者だけが石を投げよ」とかばいたいが…

公開日: 更新日:

 石田純一さんがコロナ快気祝いで泥酔したことが写真週刊誌に載ったので、そんなに石田純一は悪いのかというテーマで今回のコラムを書こうと思ってたら飛び込んできたニュースが。アンジャッシュ渡部、不倫で全番組出演自粛ですって。

 まずは石田純一さん、良かったですね。ついでに東出君も良かったね。さて渡部さんですが、私は面識も全くありません。ただ好きか嫌いかでいうと、かなり好きなほうです。スレ違いコントのセンスもグルメや野球などの博識ぶりも尊敬に値しますからね。ですから佐々木希さんとの結婚も「やっぱりいい男にはいい女だなぁ」ぐらいの納得をしてました。しかし今回のこれですよ。今頃、渡部さんは髪の毛が真っ白になるほどうなだれてるんでしょうか。世間全てを敵に回したと言っても過言ではありません。世間の非常に高い佐々木希への好感度は、そのまま渡部さんへ嫌悪感としてぶつけられます。

 そんな中で私は渡部さんを弁護してみましょう。被告の嫁が有名で美人なため寝取りたい欲求を持った女性がハニートラップをしかけ……えっ!? 自分から?……被告は出来心により一度きりの過ちを……えっ!?何度も?……えっ!? 何人も?……ただ被告は持ち前のサービス精神で相手の女性を紳士的に楽しませ……えっ!? はけ口?……ヤッたら……帰らせる? すみません、弁護できませんでした。

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    キムタクは今どうしている? 画面から消えても誰も何も困っていない現実

    キムタクは今どうしている? 画面から消えても誰も何も困っていない現実

  2. 2
    (6)「パンツを脱いできなさい」デビュー当時の志穂美悦子に指示したワケ

    (6)「パンツを脱いできなさい」デビュー当時の志穂美悦子に指示したワケ

  3. 3
    松本人志“性的トラブル報道”へのコメント 優木まおみが称賛され、指原莉乃が叩かれるワケ

    松本人志“性的トラブル報道”へのコメント 優木まおみが称賛され、指原莉乃が叩かれるワケ

  4. 4
    SMAP再始動「99%」に現実味…“旧ジャニ体制打破の象徴”と機運高まるも本格化には高い障壁

    SMAP再始動「99%」に現実味…“旧ジャニ体制打破の象徴”と機運高まるも本格化には高い障壁

  5. 5
    元シブがき隊・本木雅弘はなぜ潰されなかった? 奥山和由氏が明かしたメリー氏の「圧力」

    元シブがき隊・本木雅弘はなぜ潰されなかった? 奥山和由氏が明かしたメリー氏の「圧力」

  1. 6
    伊藤英明と松本人志はSNSで“自爆”…売られた喧嘩を買う「大人げなさ」のリスクと対処法

    伊藤英明と松本人志はSNSで“自爆”…売られた喧嘩を買う「大人げなさ」のリスクと対処法

  2. 7
    キムタクと9年近く交際も破局…通称“かおりん”を直撃すると

    キムタクと9年近く交際も破局…通称“かおりん”を直撃すると

  3. 8
    完全復活を遂げた吉田羊と"7連泊愛"中島裕翔の明暗…恋路を阻んだ"大物"による8年前の追放劇

    完全復活を遂げた吉田羊と"7連泊愛"中島裕翔の明暗…恋路を阻んだ"大物"による8年前の追放劇

  4. 9
    松本人志の性的トラブルめぐりマリエに同情集まる…3年前の告発と《やり口が一緒》の指摘も

    松本人志の性的トラブルめぐりマリエに同情集まる…3年前の告発と《やり口が一緒》の指摘も

  5. 10
    TBS「サンモニ」絶好調!それでも関口宏を降板させる? 報道ワイド視聴率で首位快走

    TBS「サンモニ」絶好調!それでも関口宏を降板させる? 報道ワイド視聴率で首位快走