小栗旬が竹内涼真に御立腹…「小栗会」のパシリにご指名か

公開日: 更新日:

 今年1月期の連ドラ「テセウスの船」(TBS系)で改めて評価を高めた竹内涼真(27)の“爽やか”なイメージが崩れつつある。結婚を前提に同棲していた女優の吉谷彩子(28)に一方的に別れを告げて家から追い出したとスクープしたのは、5月29日発売のフライデー。一方、6月4日発売の週刊文春は“ポイ捨て報道”は否定しつつ、「竹内涼真 肉食系にヘンシン!」と報じた。

 これらの報道を滞在先の米ロサンゼルスで耳にした小栗旬(37)が、いたく御立腹だという。小栗と吉谷は、同じ芸能プロダクションの先輩後輩の間柄。ふたりの共演は2013年にオンエアされたNHK大河ドラマ「八重の桜」だけ(絡みはなし)だが、面倒見のいいことで知られる小栗は、これまで吉谷の役作りや私生活の相談にも乗ってきたという。そんな可愛いがってきた後輩がヒドイ目にあったと聞けば、「冗談じゃない!」となるのが人情というものだろう。親分肌の小栗は、特にその傾向が強そうだ。

 小栗と聞いてすぐに連想するのが、2002年にオンエアされ、最高視聴率23.5%を記録した「ごくせん」(日本テレビ系)での逸話だ。偶然にも、今週から来週にかけて再放送されている。このドラマで嵐の松本潤(36)と共演した小栗は、満足に挨拶もしない松潤と控室で険悪な雰囲気となり、後に酒席で取っ組み合いの大ゲンカに発展したエピソードがある。そんな“ボスキャラ”の小栗を慕う役者仲間も多く、定期的に仲間同士で情報交換を兼ねて親睦を深める「小栗会」なる集いがある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    「オミクロン系ワクチン」は急いで打つ必要なし 11月以降の接種で感染予防にもなる

    「オミクロン系ワクチン」は急いで打つ必要なし 11月以降の接種で感染予防にもなる

  2. 2
    “サメがウヨウヨ”悪ふざけ投稿が話題に…米フロリダのショッピングモールでニセ演出

    “サメがウヨウヨ”悪ふざけ投稿が話題に…米フロリダのショッピングモールでニセ演出

  3. 3
    ガーシー議員が人気女優の“パパ活疑惑”配信も…暴露行為を疑問視「国会に出ろ」とブーメラン

    ガーシー議員が人気女優の“パパ活疑惑”配信も…暴露行為を疑問視「国会に出ろ」とブーメラン

  4. 4
    菅前首相の“絶賛弔辞”コピペ疑惑で赤っ恥 「前提すっ飛ばしなら一種の剽窃」と識者バッサリ

    菅前首相の“絶賛弔辞”コピペ疑惑で赤っ恥 「前提すっ飛ばしなら一種の剽窃」と識者バッサリ

  5. 5
    セ最下位中日は12球団ワーストの超貧打 OB名球会コーチ招聘だけでは解決しない“元凶”

    セ最下位中日は12球団ワーストの超貧打 OB名球会コーチ招聘だけでは解決しない“元凶”

  1. 6
    円楽師匠急逝で風雲急告げる「笑点」大喜利の後継者選び 落語協会と日テレの思惑に食い違い

    円楽師匠急逝で風雲急告げる「笑点」大喜利の後継者選び 落語協会と日テレの思惑に食い違い

  2. 7
    太田光また旧統一教会“擁護発言”で大炎上…暴走が“売り”のはすが完全裏目、現場は制御不能か

    太田光また旧統一教会“擁護発言”で大炎上…暴走が“売り”のはすが完全裏目、現場は制御不能か

  3. 8
    京都の観光業界に衝撃! 老舗高級ホテルで相続めぐる民事訴訟が泥沼化

    京都の観光業界に衝撃! 老舗高級ホテルで相続めぐる民事訴訟が泥沼化

  4. 9
    有原、西勇輝、松田宣、筒香、森友哉…5年ぶりBクラスの原巨人はFA乱獲へまっしぐら

    有原、西勇輝、松田宣、筒香、森友哉…5年ぶりBクラスの原巨人はFA乱獲へまっしぐら

  5. 10
    不合格になった筑附高受験生は「悠仁さまの合格」をどう見ているのか?

    不合格になった筑附高受験生は「悠仁さまの合格」をどう見ているのか?