ゆきぽよは“令和の飯島愛”か テレビのギャル需要にピタリ

公開日: 更新日:

 モデルでタレントのゆきぽよ(23)が何かと話題だ。19日放送の「サンデー・ジャポン」(TBS系)では、安倍首相星野源の楽曲に乗せて自宅でくつろぐ動画をアップした「アベノコラボ」について、「安倍さんなりに国民に寄り添おうと思って(やったと思う)、可愛いなと思ってほっこりしたんですよ」などと発言した。

 これに対しネットは大炎上。「素直でいい子だね」「これが普通の意見」といった賛辞と、「正直ドン引き」「こういうバカが日本を滅ぼす」という批判が同時に巻き起こった。いずれにせよ、安倍政権のコロナに対する後手後手の対応に国民の怒りが収まらぬ中、ゆきぽよの持ち味である“自分の言いたいことを物おじせずに言うスタンス”を強烈に印象付けた格好だ。

 ゆきぽよはギャル系ファッション誌「egg」の読者モデルとしてデビュー。“ギャルのカリスマ”として人気となり、Amazonプライムの配信番組「バチェラー・ジャパン」に出演し、若者からの支持を不動のものに。その後、地上波のバラエティー番組でのあけすけな発言でも話題となった。

「お母さんはスペイン人とフィリピン人のハーフで父とは夜の店で知り合った」「付き合った男の5人中4人が逮捕された」など、いかにもなエピソードは枚挙にいとまがなく、意味不明の“ギャル語”でも沸かせた。

 その姿は、かつてバラエティー番組で、歯に衣着せぬ物言いで活躍した元祖ギャルタレントの故・飯島愛ともカブる。コラムニストの桧山珠美氏はこう話す。

「テレビでは“ギャル需要”というものがあって、中高年にとって今の若者について教えてくれる、分かりやすい記号としてギャルの存在価値があるんです。一見、見た目は派手だけど、実際、話すと意外と常識があってしっかりしてるというのがポイント。そういう人がギャルという役割を演じることによって、実際は分裂してしまっている世代間のギャップをテレビの中で埋める存在になっているんです。確かに飯島愛もそういう存在でした。テリー伊藤など、テレビの中のおじさんサイドも、ゆきぽよのとっぴな言動に振り回されて楽しそうです」

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    キンプリ脱退であいた“CMの穴”に「なにわ男子」をジャニーズ事務所が猛プッシュ?

    キンプリ脱退であいた“CMの穴”に「なにわ男子」をジャニーズ事務所が猛プッシュ?

  2. 2
    巨人大盤振る舞いのナゼ? 中田翔「年俸倍増3億円・3年契約」への疑問

    巨人大盤振る舞いのナゼ? 中田翔「年俸倍増3億円・3年契約」への疑問

  3. 3
    織田信成モラハラ裁判で浮き彫りに…フィギュアスケート界が抱える「闇」

    織田信成モラハラ裁判で浮き彫りに…フィギュアスケート界が抱える「闇」

  4. 4
    「silent」で話題 夏帆の評価がようやく才能と一致…新井浩文との熱愛など人生すったもんだ

    「silent」で話題 夏帆の評価がようやく才能と一致…新井浩文との熱愛など人生すったもんだ

  5. 5
    第1子妊娠の戸田恵梨香 引退におわせは「コンプラ疲れ」か「家庭優先」か

    第1子妊娠の戸田恵梨香 引退におわせは「コンプラ疲れ」か「家庭優先」か

  1. 6
    敗血症で死去の渡辺徹さん…”献身妻”榊原郁恵との離婚危機報道の真相は?

    敗血症で死去の渡辺徹さん…”献身妻”榊原郁恵との離婚危機報道の真相は?

  2. 7
    日本シリーズ連覇狙う谷原秀人 今季はLIVゴルフで“甘い汁”吸うも…来季は用無しに

    日本シリーズ連覇狙う谷原秀人 今季はLIVゴルフで“甘い汁”吸うも…来季は用無しに

  3. 8
    俳優・渡辺徹さんが死去…妻・榊原郁恵さんとは“酒をめぐる口喧嘩”が交際のきっかけだった

    俳優・渡辺徹さんが死去…妻・榊原郁恵さんとは“酒をめぐる口喧嘩”が交際のきっかけだった

  4. 9
    山川穂高は複数年を拒否、平良は保留……西武「一難去ってまた一難」の憂鬱

    山川穂高は複数年を拒否、平良は保留……西武「一難去ってまた一難」の憂鬱

  5. 10
    広島1位・斉藤優汰 女手ひとつで育った特進クラス1位“超優等生”の伸びしろと弱点

    広島1位・斉藤優汰 女手ひとつで育った特進クラス1位“超優等生”の伸びしろと弱点