中山美穂や斉藤由貴も…85年組「デビュー35周年」の現在地

公開日: 更新日:

「海外で1日仕事したら、10日間は遊びだった」

 元アイドルの芳本美代子(51)が最近テレビで80年代当時を振り返り、後輩タレントやスタッフたちを驚かせていた。パリへと向かう機内で泥酔し、先輩歌手にからんだといったエピソードがたくさんあるようだ。

 芳本といえば、1985年デビューの85年組。アイドル、歌謡曲全盛の80年代にして、花の82年組と並ぶ当たり年とされたもの。社会現象までなったおニャン子クラブ旋風のみならず、中山美穂斉藤由貴南野陽子、浅香唯、本田美奈子、中村あゆみら、そうそうたる顔ぶれがそろっている。

 今年はそんな85年組がデビュー35周年を迎えたメモリアルイヤーである。アラフィフになり、卒業アルバムを改めて開くように、今だから話せる思い出話が彼女たちから飛び出すことを、ファンも当時を知る中高年も期待していたのではないか。

 漫談家のユリオカ超特Q(52)はこう言う。

「たとえば『BOMB!(ボム)』というアイドル雑誌があって、開いてみると、このアイドルのスケジュール、近況というコーナーがあったりするんです。皆さん、だいたいコンサートとか写真集撮影とか仕事のスケジュールが載っているんですけど、誰もが常に売れて忙しいというわけじゃありませんよね。だからなのでしょうか、『○○ちゃんは高校の中間テスト』なんて書いてある。おいおい、そんな個人情報いいのかと今だったら思ってしまいますけど、当時はまだ時代が良かったというか、おおらかだったんでしょうね。その当時のアイドルたちに聞くと、本当に懐かしく、面白いんです」

新型コロナでイベントは中止も…

 昨年は82年組の早見優松本伊代、西村知美、渡辺美奈代と組んで「80年代アイドルフェス」を開催。ユリオカ超特Qが司会のイベント「80年代歌謡リクエストカフェ」には浅香唯がゲスト出演し、当時の打ち明け話で盛り上がっていた。それに続けと、おニャン子の新田恵利をはじめ、85年組がコンサートなどを予定していたが、新型コロナ禍で中止や延期を余儀なくされている。

 85年に名曲「フレンズ」をリリースしたレベッカのNOKKOも東京・大阪・名古屋などで予定していたライブを中止。しかし「皆さまに少しでも音楽で元気をお届けしたい」と、オフィシャルサイトにメッセージを載せ、ライブのリハーサルで演奏したこれまた名曲「Maybe Tomorrow」をアップしている。

 イベントは自粛するにしても、そんな85年組がメッセージを発信するなどしていったら、たしかに当時を生きた中高年世代を元気にするだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    山陽電鉄内で全裸盗撮事件 女性車掌が同僚男のクズ依頼を「断れなかった」切ない理由

    山陽電鉄内で全裸盗撮事件 女性車掌が同僚男のクズ依頼を「断れなかった」切ない理由

  2. 2
    次女・石橋静河強し!ドラマ界席巻する“石橋ファミリー”が乗り越えた「21年前の隠し子騒動」

    次女・石橋静河強し!ドラマ界席巻する“石橋ファミリー”が乗り越えた「21年前の隠し子騒動」

  3. 3
    ナイナイ岡村隆史「5カ月休養」の真実…一時は重病説まで飛び交った

    ナイナイ岡村隆史「5カ月休養」の真実…一時は重病説まで飛び交った

  4. 4
    フロリダ州史上最大! 捕獲された体重97キロのニシキヘビが最後に食べていたのは…

    フロリダ州史上最大! 捕獲された体重97キロのニシキヘビが最後に食べていたのは…

  5. 5
    小象もキレイな姉さんがお好き? 有名モデルのスカートを引きずり下ろす珍事件

    小象もキレイな姉さんがお好き? 有名モデルのスカートを引きずり下ろす珍事件

  1. 6
    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  2. 7
    メジャー観戦で「日本選手の軟弱さ」を実感 全米OP国内予選でさえ大多数が途中棄権の体たらく

    メジャー観戦で「日本選手の軟弱さ」を実感 全米OP国内予選でさえ大多数が途中棄権の体たらく

  3. 8
    今川に続き万波も二軍落ち…日本ハムから“新庄チルドレン”が1人もいなくなる日

    今川に続き万波も二軍落ち…日本ハムから“新庄チルドレン”が1人もいなくなる日

  4. 9
    竹内結子さん急死 ロケ現場で訃報を聞いたキムタクの慟哭

    竹内結子さん急死 ロケ現場で訃報を聞いたキムタクの慟哭

  5. 10
    “被弾”の深田恭子にさらなる受難…交際相手の不動産会社社長がガーシー砲の標的に

    “被弾”の深田恭子にさらなる受難…交際相手の不動産会社社長がガーシー砲の標的に