米倉涼子が中居正広が退所 有名タレント新たな門出の吉凶

公開日: 更新日:

 芸能文化評論家の肥留間正明氏はこう言う。

「米倉さんは海外でも通用する日本のトップ女優に上り詰め、事務所の器を超えた。こういう実力のある人は、中居さん含め個人マネジャーとタッグを組んで交渉していく昭和初期のマネジメントスタイルに回帰するでしょう。芸能プロが隆盛したのは70年代、日本テレビの『スター誕生!』が放映された頃で、当時一代で事務所を築いた社長たちは70、80代と高齢化。体力も衰えてタレント育成熱もかなり低下しているのは否めない。YouTubeなど自分が媒体を持てる時代でもあり、地上波テレビに出演しなくても独立しやすい環境も整っていますからね」

 米倉に続けとばかりに、岡田結実(19)、ヨンア(34)もオスカーを退所。元JUNONボーイで「仮面ライダーオーズ」の渡部秀(28)は福山雅治が所属するアミューズから純烈が所属する事務所に移籍。今後もタレントの独立・流動は活発化しそうだが、順風満帆の門出になるのは果たして何人か。

■関連キーワード

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    大谷はシーズン後半戦、三冠王へまっしぐら ドジャース投壊がむしろ追い風になる理由

  2. 2

    美川憲一「もういいわ」和田アキ子「ありえない」…切り捨てた重鎮に見捨てられたNHK紅白の末路

  3. 3

    オリンピアンの大甘同情論に透ける「特権意識」…血税注ぎ込まれているだけに厳罰必至の当然

  4. 4

    「重圧は言い訳にならない」とバッサリ、体操界レジェンド池谷幸雄氏が語る「エース不在」の影響

  5. 5

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  1. 6

    松本人志裁判にA子さんいよいよ出廷か…執拗な尾行と知人弁護士との不倫疑惑に怒り

  2. 7

    なぜ大谷はチャンスに滅法弱くなったのか? 本人は力み否定も、得点圏での「悪癖」とは

  3. 8

    体操界は飲酒喫煙「常態化」の衝撃…かつてスポンサー企業もブチギレていた!

  4. 9

    女優・吉沢京子「初体験は中村勘三郎さん」…週刊現代で告白

  5. 10

    尾行、妨害、不倫、元女性誌編集長…松本人志vs文春の裁判がスゴいことになってきた