小泉今日子が「あいまいな自粛要請」で踏み切った舞台現場

公開日: 更新日:

 米倉涼子が所属事務所を退社、その前は中居正広――大物の独立が続いている。ところで2018年に独立したあの人は……。大手プロから独立した小泉今日子である。

 25日、世田谷パブリックシアターで「2020年マイ・ラスト・ソング~久世さんが残してくれた歌~『懐かしの水曜劇場編』」(東京公演)が行われた。小泉、独演の舞台だ。

■消毒、マスクの防護態勢

 新型コロナウイルスの影響で演劇やコンサートが軒並み中止という中での開催。小泉は開催するか悩んだが、19日の政府の重大発表が「ふんわりとあいまいな自粛要請だったからやることにした」と冒頭で自ら開催に至った経緯を説明。入り口では消毒、マスクをしていない人にはスタッフがマスクを配る万全の態勢で行われた。

■恒例の恩師・久世光彦の世界

 同公演は08年から行われている。演出家でもあり、小泉の恩師でもある演出家・久世光彦のエッセー「マイ・ラスト・ソング」の世界を朗読と歌でつづるもので、小泉は久世のエッセーを朗読、「時間ですよ」や「ムー」のドラマや出演者について語り、さらには浜田真理子の歌に合わせ、郷ひろみ樹木希林の「お化けのロック」を控えめに歌う場面も。観客も普通に楽しんでいた。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    高校野球の監督は「甲子園出場で御殿が建つ」って本当? どれだけ稼ぐ?

    高校野球の監督は「甲子園出場で御殿が建つ」って本当? どれだけ稼ぐ?

  2. 2
    水卜麻美、藤井貴彦…キャスターが次々コロナ感染 “緩みっぱなし”の情報番組スタジオ裏

    水卜麻美、藤井貴彦…キャスターが次々コロナ感染 “緩みっぱなし”の情報番組スタジオ裏

  3. 3
    桜田淳子と旧統一教会の45年…全盛期の19歳で入信、10年以上隠しながら34歳で合同結婚式へ

    桜田淳子と旧統一教会の45年…全盛期の19歳で入信、10年以上隠しながら34歳で合同結婚式へ

  4. 4
    「眞子さんの乱」が思春期の悠仁さまに落とした影…予定していた進学コースに狂い

    「眞子さんの乱」が思春期の悠仁さまに落とした影…予定していた進学コースに狂い

  5. 5
    桜田淳子は「広告塔」として布教に貢献…教団内での現在の立ち位置は?

    桜田淳子は「広告塔」として布教に貢献…教団内での現在の立ち位置は?

  1. 6
    桜田淳子が統一教会の合同結婚式出席 実兄は「もう縁を切ったようなもの」

    桜田淳子が統一教会の合同結婚式出席 実兄は「もう縁を切ったようなもの」

  2. 7
    3000万匹に1匹のはずが…米ミシシッピ州でまた“激レア”のロブスター見つかる

    3000万匹に1匹のはずが…米ミシシッピ州でまた“激レア”のロブスター見つかる

  3. 8
    プロゴルフのキャディーはどのくらい稼ぐ? 契約金は交通費・宿泊代込み「1試合12万円」

    プロゴルフのキャディーはどのくらい稼ぐ? 契約金は交通費・宿泊代込み「1試合12万円」

  4. 9
    大谷翔平はエ軍消化試合でも全力プレー 「投打規定数Wクリア狙い」に金満球団ヤキモキ

    大谷翔平はエ軍消化試合でも全力プレー 「投打規定数Wクリア狙い」に金満球団ヤキモキ

  5. 10
    センバツ圧巻V大阪桐蔭の“侵攻”に日本中の高校から怒りの声! 関東、東北が“草刈り場”に

    センバツ圧巻V大阪桐蔭の“侵攻”に日本中の高校から怒りの声! 関東、東北が“草刈り場”に