小泉今日子が「あいまいな自粛要請」で踏み切った舞台現場

公開日: 更新日:

 米倉涼子が所属事務所を退社、その前は中居正広――大物の独立が続いている。ところで2018年に独立したあの人は……。大手プロから独立した小泉今日子である。

 25日、世田谷パブリックシアターで「2020年マイ・ラスト・ソング~久世さんが残してくれた歌~『懐かしの水曜劇場編』」(東京公演)が行われた。小泉、独演の舞台だ。

■消毒、マスクの防護態勢

 新型コロナウイルスの影響で演劇やコンサートが軒並み中止という中での開催。小泉は開催するか悩んだが、19日の政府の重大発表が「ふんわりとあいまいな自粛要請だったからやることにした」と冒頭で自ら開催に至った経緯を説明。入り口では消毒、マスクをしていない人にはスタッフがマスクを配る万全の態勢で行われた。

■恒例の恩師・久世光彦の世界

 同公演は08年から行われている。演出家でもあり、小泉の恩師でもある演出家・久世光彦のエッセー「マイ・ラスト・ソング」の世界を朗読と歌でつづるもので、小泉は久世のエッセーを朗読、「時間ですよ」や「ムー」のドラマや出演者について語り、さらには浜田真理子の歌に合わせ、郷ひろみ樹木希林の「お化けのロック」を控えめに歌う場面も。観客も普通に楽しんでいた。

■関連キーワード

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    体操界は飲酒喫煙「常態化」の衝撃…かつてスポンサー企業もブチギレていた!

  2. 2

    オリンピアンの大甘同情論に透ける「特権意識」…血税注ぎ込まれているだけに厳罰必至の当然

  3. 3

    「重圧は言い訳にならない」とバッサリ、体操界レジェンド池谷幸雄氏が語る「エース不在」の影響

  4. 4

    大谷はシーズン後半戦、三冠王へまっしぐら ドジャース投壊がむしろ追い風になる理由

  5. 5

    夏休み到来! 我が子をテレビやゲーム、YouTube漬けにしない「割と簡単にできる方法」

  1. 6

    巨人選手を軒並み“チキン”にしたのは誰の仕業? 阿部監督ついに激怒「チャンスなのに悲壮感」

  2. 7

    阪神岡田監督の焦りを盟友・掛布雅之氏がズバリ指摘…状態上がらぬ佐藤輝、大山、ゲラを呼び戻し

  3. 8

    大谷の「左翼守備」前倒しに現実味…ドジャース投壊で「DH問題」は輪をかけて深刻に

  4. 9

    中日ポスト立浪は「侍J井端監督vs井上二軍監督」の一騎打ち…周囲の評価は五分五分か

  5. 10

    美川憲一「もういいわ」和田アキ子「ありえない」…切り捨てた重鎮に見捨てられたNHK紅白の末路