TV局が東京五輪延期の“穴埋め”大慌て「麒麟がくる」も窮地

公開日: 更新日:

 新型コロナウイルスの影響で、今夏に開催予定だった東京五輪が1年程度延期されることが決定した。気になる選手選考に関して、すでに代表に選考した選手のままでいく意向を表明した主要競技もあるが、予期せぬ事態にテンヤワンヤなのがテレビ各局だ。

「どこの局も今夏は五輪中継があることを想定した編成にしている。延期の影響を顕著に受けそうなのが各局のドラマで、4月期のドラマを五輪前まで、五輪後から10月期をまたいで通常は7月期にスタートするドラマがスタート。ぽっかり空いた五輪期間中の編成をこれから大慌てで組み直す必要が出て編成担当は頭を抱えている」(放送担当記者)

 放送中のNHK大河「麒麟がくる」もピンチだ。本来、東京五輪(7月24日~8月9日)、パラリンピック(8月25日~9月6日)開催期間中の5週間(5話分)は休止で全44回放送と決まっていたが五輪の延期で5週間分がぶっ飛んでしまったからだ。「麒麟がくる」は帰蝶役で出演予定だった沢尻エリカが麻薬取締法違反の疑いで逮捕されたため、川口春奈を代役に立てて撮り直しを決行。初回放送が2週間遅れるなど予期せぬトラブルに振り回されている。

「撮影スケジュールはぜんぜん余裕がなくて“撮って出し”に近い状態です。5週分を早めて放送なんてムリですよ」(芸能プロ関係者)

 再放送でやりくりするのも限界がある。ぽっかり空いた五輪枠の“穴埋め”は容易ではない。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    ヒトラー政権さえやらなかったロシア軍の“蛮行”…世界最大級「種子バンク」破壊の深刻度

    ヒトラー政権さえやらなかったロシア軍の“蛮行”…世界最大級「種子バンク」破壊の深刻度

  2. 2
    上島竜兵さんを番組で診察した医師が「うつの8割は首の治療で改善する」と語るワケ

    上島竜兵さんを番組で診察した医師が「うつの8割は首の治療で改善する」と語るワケ

  3. 3
    欧米の脱ロシア依存制裁がジワリ効果…薄給の兵士に“賃上げ”できず士気が急低下

    欧米の脱ロシア依存制裁がジワリ効果…薄給の兵士に“賃上げ”できず士気が急低下

  4. 4
    深田恭子が“深酒破局”報道後初めて公の場に…天性の女優は「不惑」の波をどう乗り越える

    深田恭子が“深酒破局”報道後初めて公の場に…天性の女優は「不惑」の波をどう乗り越える

  5. 5
    渋野日向子に染みついてしまったボギーゴルフ…同組の女王・稲見萌寧とは雲泥の差

    渋野日向子に染みついてしまったボギーゴルフ…同組の女王・稲見萌寧とは雲泥の差

もっと見る

  1. 6
    「ちむどんどん」に「教育上良くない」の批判も…4630万円誤送金・24歳男になぞらえてプチ炎上!

    「ちむどんどん」に「教育上良くない」の批判も…4630万円誤送金・24歳男になぞらえてプチ炎上!

  2. 7
    虎投手陣ブチ切れ寸前!プロ野球記録「連続3失点以下」更新中も深刻貧打で接戦勝てず

    虎投手陣ブチ切れ寸前!プロ野球記録「連続3失点以下」更新中も深刻貧打で接戦勝てず

  3. 8
    あの国営放送が“プーチン戦争”批判を展開!ロシアでいま起こっていること

    あの国営放送が“プーチン戦争”批判を展開!ロシアでいま起こっていること

  4. 9
    更迭説飛び交っていたロシア軍参謀総長は生きていた! 米軍制服組トップと電話会談

    更迭説飛び交っていたロシア軍参謀総長は生きていた! 米軍制服組トップと電話会談

  5. 10
    “Uターン”はなわ再上京で「勝ち組」に…地方移住タレント成功の秘訣

    “Uターン”はなわ再上京で「勝ち組」に…地方移住タレント成功の秘訣