五輪延期で浮上する嵐活動休止の延長 NHKはナビ継続を切望

公開日: 更新日:

 東京五輪の延期がほぼ決まり、にわかに注目を集めているのが今年の「紅白歌合戦」を最後に活動休止に入る予定の「嵐」の今後だ。五輪延期となれば、当然、NHKの東京五輪・パラリンピックでスペシャルナビゲーターを務める「嵐」の活動休止もその期間延長されるのではないか、というファンの希望的観測が浮上している。

 実際のところどうなのか。スポーツ紙の報道などによると、NHKは嵐側に引き続きスペシャルナビゲーターを務めてもらおうとお願いしているものの、まだ正式に了承を得られていないという。つまり、オファーを受けるかどうかは「嵐」の判断次第ということだ。

 大野智(39)の「普通の生活がしてみたい」という思いに端を発したグループの活動休止。メンバーは「残された時間はあと9カ月!」という思いで目の前の仕事を黙々とこなしている状態だといわれる。そんな彼らが五輪延長の数カ月を乗り切ることができるのか。

「テレビでは仲良く見える嵐ですが、決してメンバーは一枚岩とは言えません。それぞれが精神的に疲弊し、ギリギリの状態で仕事をこなしているそうです。昨年、二宮和也が自身の結婚をめぐって松本潤と激しく対立した話が伝えられていますが、今も二人は楽屋でほとんど言葉を交わさない状態だと聞きます。相葉雅紀が伝書鳩みたいに二人のコミュニケーションを仲介しているそうです」(芸能関係者)

■関連キーワード

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    “ほぼ全裸ポスター”は制度を悪用? 過去にもあった「公序良俗ギリギリ」のきわどいポスター

    “ほぼ全裸ポスター”は制度を悪用? 過去にもあった「公序良俗ギリギリ」のきわどいポスター

  2. 2
    国内男子ツアーの惨状招いた「元凶」…虫食い日程、録画放送、低レベルなコース

    国内男子ツアーの惨状招いた「元凶」…虫食い日程、録画放送、低レベルなコース

  3. 3
    自民議連が目指す郵政民営化改正案の“真の狙い”…郵便料金30年ぶり値上げの先にあるもの

    自民議連が目指す郵政民営化改正案の“真の狙い”…郵便料金30年ぶり値上げの先にあるもの

  4. 4
    木村拓哉「Believe」にさらなる逆風 粗品の“あいさつ無視”暴露に続き一般人からの告発投稿

    木村拓哉「Believe」にさらなる逆風 粗品の“あいさつ無視”暴露に続き一般人からの告発投稿

  5. 5
    キャリアの分岐点になった移籍の選択…名門パリSG、年俸倍額提示した独クラブのオファーを蹴った

    キャリアの分岐点になった移籍の選択…名門パリSG、年俸倍額提示した独クラブのオファーを蹴った

  1. 6
    巨人今季3度目の同一カード3連敗…次第に強まる二岡ヘッドへの風当たり

    巨人今季3度目の同一カード3連敗…次第に強まる二岡ヘッドへの風当たり

  2. 7
    「ほぼ全裸」ポスター巡り苦言のひろゆき氏らに嚙みつく…セクシー女優の"場外乱闘"が思わぬ展開に

    「ほぼ全裸」ポスター巡り苦言のひろゆき氏らに嚙みつく…セクシー女優の"場外乱闘"が思わぬ展開に

  3. 8
    西武はコーチ陣こそ休養が必要だ…貧打の根本原因は“激アマ”松井稼頭央監督だけじゃない

    西武はコーチ陣こそ休養が必要だ…貧打の根本原因は“激アマ”松井稼頭央監督だけじゃない

  4. 9
    「#萩生田百合子」がSNSで猛拡散!外苑再開発めぐるズブズブ癒着と利権が都知事選の一大争点に

    「#萩生田百合子」がSNSで猛拡散!外苑再開発めぐるズブズブ癒着と利権が都知事選の一大争点に

  5. 10
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」