中居正広に業界から大ブーイング ジャニーズ退所で天狗に

公開日: 更新日:

 3月いっぱいでジャニーズ事務所を退所する中居正広(47)にまさかの逆風が吹き始めた。先月21日に行われた退所会見は“中居ワールド”全開のエンターテインメントショーと化し、会見を中継した各テレビ局の報道やワイドショー番組もそのほとんどが好意的だった。一体何が起こっているのか。

 中居の番組を担当する放送作家のひとりが声を潜めてこう語る。

「最近、中居くんの態度が超大きいんですよ。会見をする前まではあちこちのスタッフに電話しては『これからもよろしくです』『あなただけが頼りなんです』などと平身低頭だったのが手のひら返しなんです。横柄になったというか仕事ぶりがかなり雑になりました。以前と違って打ち合わせも中途半端。面倒くさがって話を聞こうとしないんです」

 中居のレギュラー番組を作る大手制作会社のプロデューサーも似たような意見を口にする。

■容赦ない“素人イジリ”に不快感

「ジャニーズ時代は絶対タブーだった素人イジリをするようになりましたね。事前打ち合わせで絶対にやめてくれと言っても聞く耳を持たない。つい最近もMCを務める『新・日本男児と中居』(日本テレビ系)でトンカツを偏愛する素人が出演したんですが、最後までディスりまくりました。エンディングでこの素人が自ら渾身の素材を集めてトンカツを揚げたんですが、『まずい。俺の方がうまい!』とこき下ろしたんです。見ていて不快感しか残りません」

■関連キーワード

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    大谷はシーズン後半戦、三冠王へまっしぐら ドジャース投壊がむしろ追い風になる理由

  2. 2

    美川憲一「もういいわ」和田アキ子「ありえない」…切り捨てた重鎮に見捨てられたNHK紅白の末路

  3. 3

    オリンピアンの大甘同情論に透ける「特権意識」…血税注ぎ込まれているだけに厳罰必至の当然

  4. 4

    「重圧は言い訳にならない」とバッサリ、体操界レジェンド池谷幸雄氏が語る「エース不在」の影響

  5. 5

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  1. 6

    松本人志裁判にA子さんいよいよ出廷か…執拗な尾行と知人弁護士との不倫疑惑に怒り

  2. 7

    なぜ大谷はチャンスに滅法弱くなったのか? 本人は力み否定も、得点圏での「悪癖」とは

  3. 8

    体操界は飲酒喫煙「常態化」の衝撃…かつてスポンサー企業もブチギレていた!

  4. 9

    女優・吉沢京子「初体験は中村勘三郎さん」…週刊現代で告白

  5. 10

    尾行、妨害、不倫、元女性誌編集長…松本人志vs文春の裁判がスゴいことになってきた