TOKIO長瀬智也が浜崎あゆみのライブに“飛び入り”の可能性

公開日: 更新日:

 中居正広(47)のジャニーズ事務所退所に続き「TOKIO」の長瀬智也(41)が2021年春以降に退所するかもしれないと、2月26日配信の文春オンラインが伝えた。長瀬は元メンバーの山口達也(48)の不祥事によって音楽活動が休止したままのTOKIOにイラ立ちを募らせているという。このニュースには長瀬のファンだけでなく、浜崎あゆみ(41)のファンも敏感に反応している。

 浜崎は今年元日、ファンクラブのサイトで自らの出産を発表。その後、長瀬の退所報道が出たわけだが、タイミングが重なったことに双方のファンが色めき立っているのだ。かつて浜崎と長瀬は誰もが羨むようなお似合いのカップルだった。仕事でロスから帰ってくる浜崎を長瀬が成田空港まで迎えに行き、待ち構える報道陣の前で手をつないで歩いてみせたこともあった。浜崎は長瀬のことを〈1番目に好きな人じゃなくて0番目に好きな人。魅かれ合い過ぎて届かない存在〉と表現したこともある。

 そんな2人が、破局から13年の歳月を経て再接近するかもしれないという。

「といっても、さすがに40歳を越えた2人の“復縁”は考えにくい。現実的なのは、あゆのライブに長瀬がサプライズ出演することです。21年春以降に長瀬とジャニーズ事務所の契約が終了すれば障壁はなくなります。あゆのファンにとって2人は“理想のカップル”ですから、拍手喝采で迎えられるでしょう」(音楽関係者)

■関連キーワード

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    “ほぼ全裸ポスター”は制度を悪用? 過去にもあった「公序良俗ギリギリ」のきわどいポスター

    “ほぼ全裸ポスター”は制度を悪用? 過去にもあった「公序良俗ギリギリ」のきわどいポスター

  2. 2
    国内男子ツアーの惨状招いた「元凶」…虫食い日程、録画放送、低レベルなコース

    国内男子ツアーの惨状招いた「元凶」…虫食い日程、録画放送、低レベルなコース

  3. 3
    自民議連が目指す郵政民営化改正案の“真の狙い”…郵便料金30年ぶり値上げの先にあるもの

    自民議連が目指す郵政民営化改正案の“真の狙い”…郵便料金30年ぶり値上げの先にあるもの

  4. 4
    木村拓哉「Believe」にさらなる逆風 粗品の“あいさつ無視”暴露に続き一般人からの告発投稿

    木村拓哉「Believe」にさらなる逆風 粗品の“あいさつ無視”暴露に続き一般人からの告発投稿

  5. 5
    キャリアの分岐点になった移籍の選択…名門パリSG、年俸倍額提示した独クラブのオファーを蹴った

    キャリアの分岐点になった移籍の選択…名門パリSG、年俸倍額提示した独クラブのオファーを蹴った

  1. 6
    巨人今季3度目の同一カード3連敗…次第に強まる二岡ヘッドへの風当たり

    巨人今季3度目の同一カード3連敗…次第に強まる二岡ヘッドへの風当たり

  2. 7
    「ほぼ全裸」ポスター巡り苦言のひろゆき氏らに嚙みつく…セクシー女優の"場外乱闘"が思わぬ展開に

    「ほぼ全裸」ポスター巡り苦言のひろゆき氏らに嚙みつく…セクシー女優の"場外乱闘"が思わぬ展開に

  3. 8
    西武はコーチ陣こそ休養が必要だ…貧打の根本原因は“激アマ”松井稼頭央監督だけじゃない

    西武はコーチ陣こそ休養が必要だ…貧打の根本原因は“激アマ”松井稼頭央監督だけじゃない

  4. 9
    「#萩生田百合子」がSNSで猛拡散!外苑再開発めぐるズブズブ癒着と利権が都知事選の一大争点に

    「#萩生田百合子」がSNSで猛拡散!外苑再開発めぐるズブズブ癒着と利権が都知事選の一大争点に

  5. 10
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」