二田一比古
著者のコラム一覧
二田一比古ジャーナリスト

福岡県出身。大学卒業後、「微笑」(祥伝社)の記者に。その後、「Emma」「週刊文春」(ともに文芸春秋)をはじめ、多くの週刊誌、スポーツ新聞で芸能分野を中心に幅広く取材、執筆を続ける。フリー転身後はコメンテーターとしても活躍。

立川志らくをバッサリ…“毒舌の先輩”たけしの批判に説得力

公開日: 更新日:

 芸能人の不倫といえば、かつては俳優や歌手など「スター」と呼ばれる人のステータスのようなもので、「愛人」とも呼ばれ、発覚しても、仕事に支障を来す人はいなかった。平成・令和に替わり女性タレントも芸人も不倫で騒がれる時代。「また」と不倫にすっかり慣れたなか、今度は前代未聞の芸人の妻の不貞が発覚した。

 落語家・立川志らく(56)の18歳年下の妻と弟子の不貞現場を「週刊文春」が報じた。車チュー写真など詳細な逢瀬の様子は、おかみさんと弟子の一線を越えているようにしか見えない。日頃、テレビで政界・芸能界と独自の観点で斬ってきた志らく。自分のことは「スルー」では世間は納得しない。昨年秋から司会を務める朝の情報番組「グッとラック!」(TBS系)で釈明した。

「妻はお酒を飲むとわけがわからなくなる」とファンキーな幼妻を擁護。「離婚は1億%ありません」と、聞き覚えのある言い回しで否定した。やはり本人の言葉はスキャンダル対応にはベストな形。不貞騒動は沈静化に向かい、「お後がよろしいようで」と落語家らしく幕を下ろした。


 落語家・志らくを多くの人が知ったのは昼の情報番組に出てきた頃だった。坂上忍を筆頭にした毒舌ブームに乗るように故・立川談志の弟子の触れ込みで登場。それまで談志の弟子といえば、志の輔や談春が知られていたが、志らくは普段の話し方からしぐさまで談志師匠にそっくり。「弟子は落語だけでなく、話し方まで習うものか」と感心したが、一方でタレントとして売る意図的なものも感じた。

■関連キーワード

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    相撲協会の逆鱗に触れた白鵬のメディア工作…イジメ黙認と隠蔽、変わらぬ傲慢ぶりの波紋と今後

    相撲協会の逆鱗に触れた白鵬のメディア工作…イジメ黙認と隠蔽、変わらぬ傲慢ぶりの波紋と今後

  2. 2
    TV界と旧ジャニーズ事務所の「不適切にもほどがある!」関係…錦戸亮5年ぶり地上波ドラマ出演で鮮明

    TV界と旧ジャニーズ事務所の「不適切にもほどがある!」関係…錦戸亮5年ぶり地上波ドラマ出演で鮮明

  3. 3
    元横綱・白鵬「部屋付き親方」はむしろプラス…弟子による暴行で厳罰でも理事長狙う厚顔

    元横綱・白鵬「部屋付き親方」はむしろプラス…弟子による暴行で厳罰でも理事長狙う厚顔

  4. 4
    大阪万博パビリオン建設に「リング」が邪魔…建設トップから今さら“ダメ出し”のア然

    大阪万博パビリオン建設に「リング」が邪魔…建設トップから今さら“ダメ出し”のア然

  5. 5
    元シブがき隊・本木雅弘はなぜ潰されなかった? 奥山和由氏が明かしたメリー氏の「圧力」

    元シブがき隊・本木雅弘はなぜ潰されなかった? 奥山和由氏が明かしたメリー氏の「圧力」

  1. 6
    「不適切にもほどがある!」第5話で衝撃展開! 阪神・淡路大震災を描いた宮藤官九郎の狙い

    「不適切にもほどがある!」第5話で衝撃展開! 阪神・淡路大震災を描いた宮藤官九郎の狙い

  2. 7
    元横綱・白鵬は「廃業」待ったナシ…北青鵬暴力騒動の厳罰処分に貴乃花親方がいつか来た道

    元横綱・白鵬は「廃業」待ったナシ…北青鵬暴力騒動の厳罰処分に貴乃花親方がいつか来た道

  3. 8
    国税庁が「採用情報」リプライ遮断の閉鎖性…自民裏金疑獄が飛び火でSNSも大荒れ

    国税庁が「採用情報」リプライ遮断の閉鎖性…自民裏金疑獄が飛び火でSNSも大荒れ

  4. 9
    中村獅童3歳次男の「両手小指欠損」公表に共感の輪…「私たちにとっても光」とは当事者の会担当者

    中村獅童3歳次男の「両手小指欠損」公表に共感の輪…「私たちにとっても光」とは当事者の会担当者

  5. 10
    どうなる? 中国不況で日本に流れたチャイナマネーの行方と東京の不動産価格

    どうなる? 中国不況で日本に流れたチャイナマネーの行方と東京の不動産価格