桧山珠美
著者のコラム一覧
桧山珠美コラムニスト

大阪府大阪市生まれ。出版社、編集プロダクションを経て、フリーライターに。現在はTVコラムニストとして、ラジオ・テレビを中心としたコラムを執筆。放送批評誌「GALAC」に「今月のダラクシー賞」を長期連載中。

新型コロナウイルスで不安を煽るだけのテレビ番組に辟易

公開日: 更新日:

新型コロナウイルス報道」に辟易している。騒ぎ過ぎなどと言おうもんなら、非国民呼ばわりされそうな勢いだ。

 やっていることはどこも「マスクしろ」「手洗いしろ」「うがいしろ」と今月の目標を決める学級会かというようなことで、「マスクの正しいつけ方」や「手洗いの正しいやり方」などこれまた保健体育レベルを繰り返すばかり。マスク不足については早朝のドラッグストア前の行列を映し不安を煽る。「トイレットペーパー不足」「ティッシュペーパー不足」「紙おむつ不足」「ナプキン不足」といった紙関係にとどまらず、免疫を高める納豆も不足だって。

 それもこれもいまだ原因不明で特効薬もなく有効な対策もない不安感からきているのだろう。メディアは不安感を軽減させる報道をすべきなのに逆に煽る。全国の「小中高一斉休校」要請では「両親共働きの子供はどうする?」「親が働けなくなる」ときた。夏休みはどうしていたのだろうと素朴な疑問が湧いた。昔と事情が違うのはわかるが、休校になって喜んだ子供時代を思い出した。

■置物状態のジャニーズのキャスター

 ワイドショーはタレントを安易にキャスターに仕立てたツケが回っている。テレビ朝日系の土曜朝の「週刊ニュースリーダー」と日曜朝「サンデーLIVE!!」のジャニーズキャスター。どちらも進行はテレ朝のアナが務め、城島茂はスタジオでは置物状態。東山紀之も「このピンチをね、みんなの知恵でチャンスに」と上っ面発言。「ピンチをチャンスに」って中小企業の社長か。

 中山秀征、中丸雄一の「シューイチ」(日本テレビ系)など最初から諦めているのか、トップニュースが“NYでマリオ体験”って、これはこれでどうなの?

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    コロナ飲み薬「ゾコーバ」に医療現場がソッポのナゼ…政府はコロナ補助金の精査を

    コロナ飲み薬「ゾコーバ」に医療現場がソッポのナゼ…政府はコロナ補助金の精査を

  2. 2
    美談にしてはいけない 逮捕歴を報じられたEXIT兼近の所業

    美談にしてはいけない 逮捕歴を報じられたEXIT兼近の所業

  3. 3
    黒幕「ルフィ」ワルの履歴書 凶悪犯行手口の“原点”は11年前の札幌強盗事件

    黒幕「ルフィ」ワルの履歴書 凶悪犯行手口の“原点”は11年前の札幌強盗事件

  4. 4
    巨人ドラ1浅野を侍Jに緊急招集?メジャー組が宮崎合宿不参加濃厚で“壮行試合の外野”に浮上

    巨人ドラ1浅野を侍Jに緊急招集?メジャー組が宮崎合宿不参加濃厚で“壮行試合の外野”に浮上

  5. 5
    侍J先発4本柱の佐々木朗希にWBC途中離脱が浮上…登板1試合でシーズン調整に専念か

    侍J先発4本柱の佐々木朗希にWBC途中離脱が浮上…登板1試合でシーズン調整に専念か

  1. 6
    山里亮太も加藤浩次も胸中モヤモヤ…「スッキリ」後釜番組にNHK武田真一アナ就任報道の波紋

    山里亮太も加藤浩次も胸中モヤモヤ…「スッキリ」後釜番組にNHK武田真一アナ就任報道の波紋

  2. 7
    いしだ壱成“一目ぼれ”の18歳下美女と熱愛→破局…金欠状態で「東南アジア進出」を目指す公算は?

    いしだ壱成“一目ぼれ”の18歳下美女と熱愛→破局…金欠状態で「東南アジア進出」を目指す公算は?

  3. 8
    官邸内で“ドラ息子”翔太郎氏の更迭論が浮上…岸田首相の切りたくても切れない「裏事情」の根深さ

    官邸内で“ドラ息子”翔太郎氏の更迭論が浮上…岸田首相の切りたくても切れない「裏事情」の根深さ

  4. 9
    SMAPはバラバラになっても“別格”だった 解散後も全員が順調に活動しているレアケース

    SMAPはバラバラになっても“別格”だった 解散後も全員が順調に活動しているレアケース

  5. 10
    火曜夜の恋愛ドラマ対決は大石静「星降る夜に」に軍配? 北川悦吏子ドラマに辛口のナゼ

    火曜夜の恋愛ドラマ対決は大石静「星降る夜に」に軍配? 北川悦吏子ドラマに辛口のナゼ