NHK看板アナ朝夜チェンジ 狙いは“わくまゆ”のスマホ視聴

公開日: 更新日:

 NHKのアナウンサー大幅入れ替えは、4月からの地上波のネット同時配信を視野に入れたシフトなのだろう。とりわけ、和久田麻由子(「おはよう日本」)と桑子真帆(「ニュースウオッチ9」)の朝夜チェンジという異例の人事は、テレビとネットの視聴者の違いに合わせるためだ。

「美人でスタイルも抜群の和久田をニュースウオッチ9にもってきたのは、残業帰りや一杯飲んだサラリーマンが、帰りの電車の中でスマホで同時配信を見ることを期待しているからです。一方、朝、テレビを見ているのは圧倒的に中高年女性で、彼女たちに評判がいいのは桑子なんです。『おはよう日本』に起用することで、その後の『朝ドラ』『あさイチ』につながっていきます」(テレビ雑誌編集デスク)

 今回の異動のもうひとつの目玉は、夕方の報道・情報番組の強化だ。エグゼクティブアナウンサーの阿部渉を「ごごナマ」から「ニュースシブ5時」、「ブラタモリ」の同行アナ林田理沙を「首都圏ネットワーク」のキャスターにした。

「働き方改革で定時退社が多くなり、これに合わせた5時、6時台の民放の情報番組戦争が激しくなっています。NHKもネット同時配信で、これに割って入ろうというのでしょう。ベテランアナの安定感やブラタモリで全国区となった林田で、こちらは帰宅途中の女性のスマホ狙いです」(前出のテレビ雑誌編集デスク)

■関連キーワード

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    美川憲一「もういいわ」和田アキ子「ありえない」…切り捨てた重鎮に見捨てられたNHK紅白の末路

  2. 2

    「重圧は言い訳にならない」とバッサリ、体操界レジェンド池谷幸雄氏が語る「エース不在」の影響

  3. 3

    オリンピアンの大甘同情論に透ける「特権意識」…血税注ぎ込まれているだけに厳罰必至の当然

  4. 4

    悠仁さまが“定員3人”の狭き門・筑波大AC入試も余裕でクリアできるワケ…9月初めにも明らかに?

  5. 5

    体操界は飲酒喫煙「常態化」の衝撃…かつてスポンサー企業もブチギレていた!

  1. 6

    パリ五輪辞退の宮田笙子は再起できるのか…境遇が重ねられるバトミントン桃田賢斗はその後

  2. 7

    ひっそりと存在消された NHK“車上不倫”人気アナカップル

  3. 8

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  4. 9

    美川憲一がジャニー氏性加害問題に言及した重み…“オネエキャラ”転身までの苦難の道のり

  5. 10

    スピードワゴン小沢一敬は松本人志と一蓮托生で復帰不可能か…幸せの骨頂の相方とは絶望的格差