桧山珠美
著者のコラム一覧
桧山珠美コラムニスト

大阪府大阪市生まれ。出版社、編集プロダクションを経て、フリーライターに。現在はTVコラムニストとして、ラジオ・テレビを中心としたコラムを執筆。放送批評誌「GALAC」に「今月のダラクシー賞」を長期連載中。

中居の爆笑会見は勝新以来 目指すはタモリか所ジョージか

公開日: 更新日:

 2月21日に行われた中居正広ジャニーズ退所会見は昨今のテレビの中ではダントツに面白かった。中居自ら記者やカメラマンをお出迎え、会見中も笑いが絶えず。普段なら意地の悪い質問をする記者もすっかり中居のペースに巻き込まれ、ファンミーティングかと勘違いするほど穏やかで一体感があった。

■「もうパンツははかない!」以来の爆笑会見

 マリフアナとコカインをパンツの中に隠し持って現行犯逮捕された勝新太郎が「もうパンツははかない!」という名言を放った記者会見以来の爆笑会見ではと思う。

 勝新はその破天荒ぶりと貫禄で記者をケムに巻いたが、中居は長年バラエティーのMCで培ったトークのスキルで記者を丸め込んだ感じ。ジャニーズの30年はムダじゃなかった。地頭の良さに改めて気づかされた。ジャニーズにとって中居の前に中居なし、中居の後に中居なし!

 新会社は「のんびりな会」。なんとも脱力な名前だが、これからは「のんびりやっていこう」ってことだろう。一生遊んで暮らせるほどお金もあるし、あくせく働かなくてもいいとは羨ましい。

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    「アンチヒーロー」木村佳乃&大島優子キャスティングで見えた日本のドラマの限界…最終回は視聴率アップ

    「アンチヒーロー」木村佳乃&大島優子キャスティングで見えた日本のドラマの限界…最終回は視聴率アップ

  2. 2
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  3. 3
    女優・吉沢京子「初体験は中村勘三郎さん」…週刊現代で告白

    女優・吉沢京子「初体験は中村勘三郎さん」…週刊現代で告白

  4. 4
    相続する前に親に処分しておいてほしいもの 2位は「不動産」…では1位は何だ?

    相続する前に親に処分しておいてほしいもの 2位は「不動産」…では1位は何だ?

  5. 5
    「アンチヒーロー」近藤華にブレークの予感…長谷川博己と互角の「泣きの演技」は両親譲りの“才能”か

    「アンチヒーロー」近藤華にブレークの予感…長谷川博己と互角の「泣きの演技」は両親譲りの“才能”か

  1. 6
    勘三郎さんがタクシーの中で私の足元に潜り込み太ももを…

    勘三郎さんがタクシーの中で私の足元に潜り込み太ももを…

  2. 7
    山本由伸が負傷離脱 原因はドジャースの管理体制にあらず…登板前日に見せていた“前兆”

    山本由伸が負傷離脱 原因はドジャースの管理体制にあらず…登板前日に見せていた“前兆”

  3. 8
    なぜ大谷の評価は「いまひとつ」なのか…現地メディアの根底に「安打じゃ満足できない」米国人気質

    なぜ大谷の評価は「いまひとつ」なのか…現地メディアの根底に「安打じゃ満足できない」米国人気質

  4. 9
    松本人志が“活動再開”に自信を深めるワケ…「A子さん」「B子さん」の決定情報つかんだとの噂も

    松本人志が“活動再開”に自信を深めるワケ…「A子さん」「B子さん」の決定情報つかんだとの噂も

  5. 10
    福山雅治は自宅に帰らず…吹石一恵と「6月離婚説」の真偽

    福山雅治は自宅に帰らず…吹石一恵と「6月離婚説」の真偽