29年ぶり復活「東京ラブストーリー」カギはリカ役が握る

公開日: 更新日:

 あの「東京ラブストーリー」が帰ってくる!

 1991年1~3月、フジテレビでドラマ化され、社会現象となった月9の金字塔ともいうべき名作ドラマが今春、現代版としてリメークされ、29年ぶりに蘇るという。

 オリジナル版で織田裕二が演じたカンチを伊藤健太郎江口洋介の三上を清原翔鈴木保奈美のリカを石橋静河有森也実のさとみを石井杏奈が演じる。男優はそこそこイメージできるが、女優がイマイチか。

 石橋は石橋凌と原田美枝子の次女で、2017年の主演映画で新人賞を総ナメしている実力派、朝ドラ「半分、青い。」で佐藤健の妻役を演じた。一見自由奔放で実はナイーブなリカをいかに魅力的に演じられるかが成功のカギかも。

「オリジナルを胸キュンで見ていた母親世代には懐かしく、娘世代には新しい……そんなラブストーリーになれば最高。成功すれば『101回目のプロポーズ』『あすなろ白書』『やまとなでしこ』など、かつての大ヒットドラマを次々に現代版にリメークするというレールが敷かれる。お台場には隠れたお宝がたくさん眠っています」(テレビウオッチャー)

 インターネット配信サービス「FOD」およびAmazon Prime Videoで配信される。スマホもSNSもなかったあの頃の恋愛ドラマが令和の今、どんなかたちで表現されるのか見ものだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    これが安倍氏国葬の内幕…会場では水しか飲めず、官僚は寝落ち、超グダグダ進行に怒号まで

    これが安倍氏国葬の内幕…会場では水しか飲めず、官僚は寝落ち、超グダグダ進行に怒号まで

  2. 2
    朝倉未来「Breaking Down」で人気のラッパーが逮捕 “警棒”での男性暴行に「やっぱり」の声

    朝倉未来「Breaking Down」で人気のラッパーが逮捕 “警棒”での男性暴行に「やっぱり」の声

  3. 3
    人気YouTuberでも解散、活動休止に…「芸能人参入で競争激化」だけが理由ではない?

    人気YouTuberでも解散、活動休止に…「芸能人参入で競争激化」だけが理由ではない?

  4. 4
    巨人・坂本は“和解済み女性醜聞”でお咎めなし…香川照之は筋を通したことになる

    巨人・坂本は“和解済み女性醜聞”でお咎めなし…香川照之は筋を通したことになる

  5. 5
    日刊ゲンダイ記者が見た「国葬」の裏側…本を読んだり、スマホをいじったり、体操する職員も

    日刊ゲンダイ記者が見た「国葬」の裏側…本を読んだり、スマホをいじったり、体操する職員も

  1. 6
    “花束ポイ”ごぼうの党・奥野卓志党首の言い分「RIZINとメイウェザーへの無言の抗議です」

    “花束ポイ”ごぼうの党・奥野卓志党首の言い分「RIZINとメイウェザーへの無言の抗議です」

  2. 7
    国葬で友人代表の弔辞 菅前首相に注目《赤塚不二夫さんの時のタモリさんを思い出す》の声

    国葬で友人代表の弔辞 菅前首相に注目《赤塚不二夫さんの時のタモリさんを思い出す》の声

  3. 8
    ジャッジ“四球禍”で本塁打記録61本&打撃三冠に暗雲…大谷のMVPに土壇場で追い風

    ジャッジ“四球禍”で本塁打記録61本&打撃三冠に暗雲…大谷のMVPに土壇場で追い風

  4. 9
    「ごぼうの党」代表の花束問題が波及…朝倉未来と山田孝之らダンマリに心配と落胆の声

    「ごぼうの党」代表の花束問題が波及…朝倉未来と山田孝之らダンマリに心配と落胆の声

  5. 10
    阪神監督人事の暗闘…15年ぶり岡田再登板は「阪急主導」、球団の「平田昇格案」は潰された

    阪神監督人事の暗闘…15年ぶり岡田再登板は「阪急主導」、球団の「平田昇格案」は潰された