「ぺこぱ」の貧乏時代 Jの同級生にイジられ長くもやし生活

公開日: 更新日:

 特異な芸風の漫才で昨年末の「M―1グランプリ」決勝で旋風を巻き起こした今年期待度ナンバーワンの若手「ぺこぱ」。ギャル男風の松陰寺太勇さん(36)は葬儀屋のバイトで年下の先輩に叱られたり、長身のシュウペイさん(32)はJリーガーの同級生にイジられたりモヤシ生活で肌荒れに悩んだり……。

  ◇  ◇  ◇

松陰寺 バンドをやりたくて山口から上京したけど、僕はギターでいろんな人とスタジオでセッションしてみたらみんなレベルが高くて、半年で諦めました。それから芸人を始め、相方と渋谷で出会いました。

シュウペイ 高校でサッカーをやり、同級生にJリーガーが3人(小林悠、太田宏介、小野寺達也)います。今も仲がいいんです。僕だけ芸人やってるので、たまに会うと「全然、売れねえな」とイジられてました。友達だから言ってくれるんですけどね。みんなが結果を残しているのに、自分だけ変わらないのがメンタル的につらかった。でも、「M―1」の決勝に出て、みんなから祝福の連絡がきました。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    芸能界で話題もちきり“五輪中止論” たけしがスルーの背景

  2. 2

    さざ波以上に「笑笑」が問題 高橋洋一氏は人としてダメだ

  3. 3

    小室ママ雲隠れ…眞子さま"代理解決"を急ぐ秋篠宮家の事情

  4. 4

    蜜月関係から一転…西尾市長「スギ薬局」猛批判の裏事情

  5. 5

    前統幕長“ワクチン独断専行”に激怒!ポンコツ首相は猛省を

  6. 6

    阪神エース西は体たらくいつまで?先発陣ボロボロ投壊寸前

  7. 7

    石橋貴明“オワコン老害”が一転 YouTube勝ち組に豹変の戦略

  8. 8

    ぼったくり男爵が来日固執 小池女帝の五輪返上阻止を画策

  9. 9

    大谷翔平に追われたプホルスにレイズ筒香が追い出される日

  10. 10

    小池都知事が側近と“密議”「東京五輪返上」で頭がいっぱい

もっと見る