「新宿カウボーイ」アルバイト不採用でもやしを食べる日々

公開日: 更新日:

 漫才協会所属で、アンバランスな見た目のお笑いコンビ・新宿カウボーイ。50キロに満たない痩せ形メガネキャラの石沢勤さん(39)は堅実にバイトをこなし、普通の生活を送る一方、でかい体を赤いジャケットで包んだ濃いキャラのかねきよ勝則さん(41)は洋七さんの弟子(?)としてカバン持ちで貧乏をしのいで……。

■「がばいばあちゃん」で大忙しの洋七師匠のカバン持ちをして1万円

石沢 新潟から東京に行きました。まだ芸人の養成所が少なくて、専門学校の東京アナウンス学院でお笑いを始めました。でも、学校のライブでもウケなくて。学校を卒業してからはアルバイト生活でした。たまに親からはお金をもらってましたけど。

かねきよ 「漫才やるなら大阪だろ」と北海道から引っ越して、なんばグランド花月の進行や雑用の係に入りました。もらったのは1日3000円くらい。そこで洋七師匠と出会いまして。22年くらい前、B&Bさんが復帰された頃。大好きになり、いつも舞台袖で見てたら師匠と知り合えました。それ以降は「仕事あるからついてきてくれ」と洋七師匠に言われた時に、カバン持ちでついていきました。「佐賀のがばいばあちゃん」が売れて大忙しで、全国を講演会で回られていて、ついていくとお小遣いに1万円くれたので、助かりましたねぇ。ご飯も食べさせてくれるし、楽屋のお弁当が余ると「持って帰れ」と言ってくれましたから。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    芸能界で話題もちきり“五輪中止論” たけしがスルーの背景

  2. 2

    さざ波以上に「笑笑」が問題 高橋洋一氏は人としてダメだ

  3. 3

    小室ママ雲隠れ…眞子さま"代理解決"を急ぐ秋篠宮家の事情

  4. 4

    蜜月関係から一転…西尾市長「スギ薬局」猛批判の裏事情

  5. 5

    前統幕長“ワクチン独断専行”に激怒!ポンコツ首相は猛省を

  6. 6

    阪神エース西は体たらくいつまで?先発陣ボロボロ投壊寸前

  7. 7

    石橋貴明“オワコン老害”が一転 YouTube勝ち組に豹変の戦略

  8. 8

    大谷翔平に追われたプホルスにレイズ筒香が追い出される日

  9. 9

    ぼったくり男爵が来日固執 小池女帝の五輪返上阻止を画策

  10. 10

    小池都知事が側近と“密議”「東京五輪返上」で頭がいっぱい

もっと見る